女子ドン引き!“小さい男”だと思われる9つの言動

All About

2018/10/9 10:00

女性に「この人、小っさ!」と思われるような行動をとると、「二度と会いたくない」と思われてしまうことも……。あなたは大丈夫?

完璧だったはずなのに……

ファッションもOK、デートコースもばっちり。会話も弾んでいたはずなのに、もう一度会いたいと連絡すると、「忙しいから」「ちょっと……」と鈍い返事。そんな経験はありませんか?

女性には、心の広い男性に守られたいという願望が少なからずあります。「この人、男として小っちゃい!」と思われるような行動をとると、「二度と会いたくない」と思われてしまうことも……。

あなたは女性の前でこんな行動をとったことはありませんか?

些細なことでキレたり不機嫌になる

思い通りにならないと、自分でも気づかないうちに不機嫌な態度をとっていませんか?

少々のことですぐ不機嫌になるということは、プライドが高すぎるか、我慢がきかない子どもの証。急に押し黙ったり、物を荒々しく扱うなど、不機嫌アピールが過剰だと、子どもっぽく見られてしまいます。

怒るべきところで怒らないのも考えものですが、怒りっぽい人と一緒に過ごすと気疲れしてしまい、「だったら一人のほうが気楽」だと思われる原因になってしまいます。

批判的

他人が良いと言っているものまで、わざわざ横やりを入れるように批判していませんか?

批判をすることで自分のほうが上というアピールをしたいのかもしれませんが、ある程度大人の女性が見たら、「人に合わせることもできない、空気の読めない小さい男」でしかありません。

すぐ嫉妬する

街ですれ違う「あの人かっこいい!」と言われる男性や、画面の向こう側にいるイケメン芸能人に嫉妬していませんか?

女性が「ステキ!」と褒める男性全てに対抗心を剥き出しにしても、あまり意味はありません。一緒に「かっこいいね」と言えるくらいの心の余裕を持ちたいものです。

自慢と愚痴が多い

相手がうんざりした顔をしているのに気付かず、延々と自慢や愚痴を聞かせていませんか?

自慢や愚痴は聞いていて楽しい話ではありません。誰にでも愚痴りたいことや自慢したいことのひとつやふたつありますが、表に出さないよう抑えているものです。それを表にどんどん出してしまうことで、抑えのきかない人だと思われてしまいます。

自分が優位であるとアピールしたがる

学歴や家柄など、自分のほうが上だとアピールしていませんか?

会話の中で、相手を値踏みするような質問をして、自分より下だと認定した瞬間、横柄な態度を取ったり、上だと急に話題を変える人がいます。多くの人はそんなことにとらわれていないので、自分の小ささをアピールしてしまうことになります。

失敗を認めない

自分が悪いとわかっていても、絶対に認めようとしませんか?

そういう人は、自分の失敗を「あいつのせいで」「このときは仕方なくて」と、転嫁して素直に認めようとせず反省しないので、成長しません。その小ささは、上司からの評価をも下げてしまいます。

自分に甘いのに他人に厳しい

自分のことを棚に上げ、他人の失敗は鬼の首を取ったかのように責めていませんか?

自分のミスは許されて当然だと思っているのに、同じことを他人がやるとネチネチと責めるような人は、物事を平等に見ることができない人。寛容さに欠けるのもまた「小さい」と思われるパターンです。

金銭感覚が細かすぎる

1円単位までワリカンにしようとしてませんか?

男性が全オゴリでなくてはいけないという感覚の女性は減りましたが、さすがに1円単位でのワリカンは引かせてしまいます。金銭感覚の細かさが人間の小ささと結びついてしまうようです。

自分が尽くしていることを金額で言う

「お前のために●円使った」などと言ったことはありませんか?

愛情の深さはお金でははかれないものです。しかしすぐ「食事代がいくらでプレゼント代がいくらで……」と計算して、お金に換算してしまう人がいます。お金を愛情の尺度にしてしまう人は小さく見られてしまいます。

無自覚だったら今すぐ直そう

これらの「小さい男!」と思われるパターンは、本人は気づいていないことがほとんどです。それどころか、「オレかっこいい!」「見たか、バカめ!」など思っていることが多い始末。

これらの行動に思いあたりがあるなら、今すぐ直しましょう。一時的な優越感や子どもっぽい感情のために、長期的に見ると自分の評価を落としてしまうのですから。
(文:相沢 あい)

あなたにおすすめ