イライラを撃退! 怒りをコントロールして冷静さを取り戻すヒント5つ




怒りっぽくなんてなりたくないけど、どうしてもイライラを抑えられなかったり、ずっと不機嫌になってしまったりすることってありませんか。それでは自分だってハッピーじゃないし、他人からの評価だって下がってしまいます。そこで怒りをコントロールして、冷静さを取り戻すヒントを考えてみました!

怒りをコントロールするヒント



1. 怒っている理由を紙に詳細に書き出して、最後は紙を丸めて捨ててしまう

あなたは一体何にそんなに怒っているのでしょう。それをもし紙に書き出してみたら、案外どうでもいいようなことだったり、自分が支離滅裂になっていたりするだけということに気づくかもしれません。
頭のなかだけでずっと考えこむから怒りがいつまでも収まらずモヤモヤするのです。一度その怒りの理由を紙に詳細に書いて、よく読んだら、その紙を捨ててしまってください。紙とともにあなたの怒りも消滅してしまうでしょう。

2. ハグ・マッサージ・愛する我が子やペットの写真…愛情を感じるものに触れる



怒りというのは攻撃的な感情ですが、じつはそれは「さびしい・かまってほしい」という心細さの裏返しであったりします。
もしそうなら、心がほっこりするようなことで癒されるのが一番。家族や恋人にハグやマッサージをしてもらったり、愛する子どもやペットの写真を眺めて彼らがどんなに自分にとって大切な存在かよく考えてみましょう。そんな愛情あふれる気持ちで心が満たされれば、怒りも自然消滅してゆきます。

3. チューイングガムを噛んでみる

怒りを感じるからといってやけ食いにはしるのはちょっと待って! そんな時はよく“噛む”ことが怒りを収めることにもつながります。それはあごをよく動かすことで顔や全身の緊張が程よくほぐれてゆくから。チューイングガムやスルメならカロリーも低く、食べても太ることを心配しないですみます。

4. ウォーキングやランニング、あるいはカラオケなどで怒りを発散させる



怒りをしずめるには体をよく動かして、カロリーを消費するのが一番手っ取り早く、体にもいいと言えそうです。イライラを感じてきたらその場にじっとしているのではなく、とにかく席を立って、歩いたり、あるいは思いきってランニングなどをしてモヤモヤを解消すること。
あるいは一人カラオケで大声で歌いまくるというのも、怒りやストレス発散にはもってこいと言えるでしょう。

5. タイマーをセットして、“怒りタイム”に制限時間を設ける



どうしても怒りが抑えられないという場合は、タイマーで“怒りタイム”を設定するのも一つの方法です。たとえば5分なら5分、怒りに任せて心は荒れ放題にします。でもタイマーが鳴ったらその時点で、怒りもお終い!
家事でも仕事でもさっさと次の“タスク(やるべきこと)”に戻るのです。ダラダラとイライラを引きずるより、こんなふうにタイムマネージメントするほうが賢いと思いませんか?

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ