松本人志 試合直前に握手した井上尚弥の衝撃KOに驚き「オレと握手した右手は…」

 お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志(55)が8日、自身のツイッターを更新。ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)バンタム級トーナメント1回戦のWBA世界バンタム級タイトルマッチで衝撃的な勝利を飾った井上尚弥(25=大橋)についてつづった。

 松本は「オレと握手した右手は柔らかく暖かでした」と切り出し、「数時間後その右手は硬い拳となり相手をマットに沈めました。井上チャンピオン。良いもん見せてもらいました」と試合直前に井上と握手していたことを明かした。

 井上は元WBA同級スーパー王者のフアンカルロス・パヤノ(34=ドミニカ共和国)に日本人世界戦最速の1分10秒でKO勝ち。初防衛に成功した。

あなたにおすすめ