SKE48・斉藤真木子、今夏の珠理奈休養は「私たちに課せられた試練」<映画「アイドル」インタビュー Part1>

ザテレビジョン

2018/10/9 06:00

10月5日に劇場デビュー10周年を迎えたSKE48。6月に地元・名古屋で行われた「第10回AKB48世界選抜総選挙」で念願の1位を獲得した松井珠理奈が体調不良による休養に入るという予想外の事態があった中で、シングル「いきなりパンチライン」のリリースやイベント出演など、怒濤(どとう)の夏を過ごしてきた。

そんな彼女たちの今夏から10周年の記念日までを追ったドキュメンタリー映画「アイドル」が、10月19日(金)から公開される。

そして9月某日、2期生の斉藤真木子と高柳明音、さらに2013年からAKB48との兼任でSKE48の一員として活動をしてきた大場美奈(2014年に移籍)の合同インタビューが行われ、3人が映画や10周年について語った。

――(インタビュー前に予告編が流され)VTRを見た感想はいかがですか?

高柳:今の2分くらいの映像でもだいぶ濃くて、思い出すことがいっぱいありました。今もまだ撮影中で、10月5日の劇場デビュー10周年の日まで撮っていただくんですけど、この映像を見て、いろんなことがあったけど、10周年を最高の形で迎えられたらいいなって思いました。

大場:いろんな感情を思い出しましたね。「このときはこの1日を生きるのに一生懸命だったな」とか。その日のイベントやお仕事に全員が真っすぐ向き合っていたので、次の日のことも前の日のこともあんまり考えていなくて。それが私たちの今年の夏だったなって思い出しました。

今は珠理奈さんも少しずつお仕事に戻ってきているので、休養していたのは特別長い日数ではなかったけど、長く思えるほど濃い日々を過ごしていたんだなって思いましたね。

斉藤:私自身も今年でアイドル10年目を迎えて、グループの10周年という一つの節目をこうして迎えられるということは、本当に貴重だなって思います。この映画はメンバー一人一人が“アイドル”という価値観や存在に向き合うきっかけになるだろうし、SKE48というアイドルのあり方について、一人一人が命を懸けて臨んでいる覚悟を見てもらえるんじゃないかと感じています。

本当にこの夏はいろいろなことがありましたけど、私たちが10年やってきたことがこれから先にどうつながっていくのか、自分たちの目でも確かめて、受け止めたいと思っているので、予告を見ただけでもすごくワクワクしました。

――想像していた10年目と実際の10年目にギャップはありましたか?

高柳:まず、10周年を迎えられること自体が奇跡だなって思います。私たち2期生が入ったのはSKE48ができて半年後のタイミングだったんですけど、この10年を振り返ると、1期生の先輩が珠理奈さん1人になっていたり、同期が3人になっていたり、AKB48から移籍する子がいたりとか、本当にいろんなことがあったなって思います。

7~8年目くらいのときは松井玲奈さんの卒業があったりして結構大変で、SKE48がどうやって持ち直すのかと悩んでいた時期だったんですけど、10年目になったら“SKE48の10周年”っていうのがすごいパワーワードになって、私たちの背中を押してくれました。

SKE48をもう一回盛り上げようとここまでやってきましたけど、一緒になって、先頭を走ってくれたのはやっぱり珠理奈さんで、この10周年をすてきなものにしたいっていう強い気持ちが彼女自身を追い詰めてしまった面もあると思うんです。今大変なことも、10周年を迎えられたことも、いつか全てが幸せな笑い話になればいいなって思います。

大場:私はSKE48の“期”で言ったら6.5期で、いるのは半分くらいなんですよ。元々いたAKB48が10周年を迎えたときを見ていたからこそ、今自分がいるSKE48にああいう華々しい10周年がやってくる、そんな楽しみしかなかったです。

でも、直前にいろいろなことが起こってどう上がっていくか、もがいていたのは大変だったかもしれないけど、自分たちや周りのスタッフさんがいろんなことに楽しみを持ってチャレンジして、気付いたら自然に上がっていけた時期だったかなって思います。

今年1月に入ってから「10周年だから秋に向けて全てのことをきちんと形に残していこう」ってみんなで話して、でもそのときは今年の夏、こんなにいろんなことが起きるのって誰も想像できなかったから、びっくりですよね。

それを自分たちが乗り越えられるのかも分からなかったですけど、今は乗り越えたなって、何もできないことはないんだなって思います。真摯に受け止めて、ひたむきに向き合って、いろんなことを乗り越えて形にしたら、こんな普通の女の子たちが集まった集団でも、応援してもらえるんだなって感じました。

斉藤:今までグループを引っ張ってきてくれた先輩の力はもちろんあるんですけど、まさか自分がキャプテンとして一つのグループの節目を迎えるなんて、本当に全然予想していなかったことです。先輩が1人になって、だんだん見送る背中も他人事ではないなって感じたり、自分がここに残る意味を考えさせられたりすることも多くなってきています。

この10年間でのクライマックスに誰も予想してなかったことが起こりましたが、そういうことも含めて全てが今のSKE48なんだなって思いましたし、いつかは来るであろう“珠理奈さんがいないSKE48”が、10周年を迎える前のこのタイミングで一時的にでも訪れたのは、私たちに課せられた試練のような気がして。

私たちも珠理奈さんを支えようとか、後ろから追い掛けてSKE48の何かになりたいと思っていた10年だったけれど、いざいなくなったときに「こんな重荷を背負わせていたんだ」って実感したりして、それによって一人一人がSKE48との向き合い方を考えられた期間だと感じました。

一人一人の存在があってこその10年だと思うので、今いるメンバーはもちろんですけど、このグループを去ったメンバーにもこの作品を見てもらいたいなって思いますし、いろんな人にとって大切な10周年になるんじゃないかなと思います。

高柳:卒業していくメンバーの背中を寂しいなって思いながら見てるけど、卒業したことを後悔させるくらいのグループにしたいと思ってやっている部分は常にあります。「卒業しなければよかった」と思ってもらえるくらい、SKE48がずっと輝いていたらいいなって思いながらずっとやってきたかな。

【Part2に続く】(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/164769/

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ