田中れいな、2年の成長を見せる主演ミュージカル「ふしぎ遊戯」第2幕!過去の自分、思いを語る

ザテレビジョン

2018/10/9 06:00

田中れいな主演ミュージカル「ふしぎ遊戯~蒼ノ章~」が10月13日(土)~21日(日)、東京・全労済ホール / スペース・ゼロにて上演される。

「ふしぎ遊戯」はアニメにもなった渡瀬悠宇による少女漫画で、舞台化も過去複数回行われている人気作。今回は2016年に上演されたミュージカル「ふしぎ遊戯~朱ノ章~」の続編となり、ヒロイン・夕城美朱(ゆうきみあか)を田中れいな、想い人となる鬼宿(たまほめ)を平野良が演じている。

時は現代。夕城美朱と親友の本郷唯は、「四神天地書」という不思議な本の中の異世界に吸い込まれてしまう。異世界の中で美朱は「朱雀の巫女」、唯は対立する「青龍の巫女」に。それぞれの神を召喚し、3つの願いを叶えるべく「七星士」を探す旅の中、美朱と唯は朱雀の七星士・鬼宿を巡り、戦い、亀裂を生んでしまう…。

前作は田中の高く伸びる歌声、平野の力強い歌声が特に印象的だったが、今回は一段とミュージカル色を濃くしているという。

モーニング娘。卒業後、田中にとっては初めての外部舞台となった前作「ふしぎ遊戯」。思い入れも深く、それから2年、舞台出演を増やしている彼女にはどんな変化があるのか。振り返りと共に、今作の見どころなどを聞いた。

■ 主演の気負いはなく、自然体で

――お話によると、今回は稽古がかなり大変であったとか。

今回はお芝居の稽古以前に、曲が入るシーンでの台詞のタイミング、ダンスの振り付けとか、歌の練習を集中的にする形だったんです。なかなかお芝居の稽古に進めなくて、途中までは「さあ、どうしようかな」っていう感じでした(笑)。

――主演ですし、芝居も歌も多いですよね。焦りませんでしたか?

主演とか座長って言われると「そうか」って思うんですけど、自分ではあまり気にしてなくて。だからいつもと意識が変わるっていうのはないんですが、休憩ポイントがほとんどないくらい出番は多いし、焦りよりやり甲斐の方がすごくあります。

――歌の稽古を集中的にということは、それだけ歌の比重が大きいということですか?

前回だとお芝居と歌の区切りが分かりやすくて、これから歌になるよっていうのが見ていても分かる入り方だったと思うんです。今回は新しい演出家さんということもあって、前回以上にミュージカルになってます。今まで喋ってたところから急に歌、みたいな。「これ、本格的なミュージカルだ」って台本読みながらちょっとびっくりしたくらい、何かあれば歌う、みたいな感じです。

よくあるじゃないですか。ディズニー映画とかでも今まで普通に喋ってたのに、「悲しい」と言いながら歌い始めるみたいな。

――芝居そのものが歌になっているというものですね。

そうです、そういうのです。普通に歌うんじゃなくて、歌のように台詞を出していくシーンがたくさんあって。で、やっぱり後編の方(二幕構成)が寂しいシーン、悲しいシーンが多くて、後ろになるほど感情がすごく揺れていくんです。それでまた、美朱の感情の上下が激し過ぎるんですよ。

アニメだったら悲しいことがあって、そこから元気を取り戻すまでを時間を掛けて見せていくじゃないですか。でも、(今回の)舞台は2時間半の中で全部のお話をまとめないとだから、ゆっくりそのシーンばかりというわけにはいかなくて。

今さっきまで悲しんでたのに、すぐに「そうだよね、頑張らないとね!」って立ち上がっていくから、感情を追い付かせるのがすごく大変です。でも、それを自然に見せるようにするのがお芝居の力だし、そこは本当に難しいです。

――続編の知らせを受けた時はどういうお気持ちでしたか?

実は続編があることは始めに聞いていて、ずっと楽しみに待ってたんですよ。だから「うわ!」とかじゃなくて、「来た!」みたいな感じでした。

気持ち的には、2年前から変わった自分をどう出していけばいいのかなっていうのは考えましたね。前回からいくつかの舞台を経験して、やっぱり自分でも変わったと思ってたし。

――例えばどんなところがですか?

前回は平野良君に色々教えてもらいながらで、例えば鬼宿の呼び方とか。私の場合歌をやっているからか、(台詞が)音に聞こえるらしいんです。全部同じなんですって、鬼宿の「た」の音が。

――何となく分かります。田中さんのは音の良い台詞という感じです。

だけどそれって「感情で変わるでしょ。その時の気持ちで『た』の音は違うでしょ」って言われて、「なるほど!」ってなったんですよね。他にも勉強になることばかりで、それからの作品では「あの時こう言われたっけ」とかを考えながらやれるようになったなって思います。

それまでの私って、相手が変わっても自分のスタンスは変えなかったんですよね。自分はいつものテンション、「私はこれ!」っていう感じで。でも、普段の会話だって相手によって対応も喋り方も変わるじゃないですか。

昔は「これはお芝居だから」って、そういう風にも思えなかったんですけど、「ふしぎ遊戯」を経験してからは「ちゃんと相手を見て、相手の気持ちを受け取って喋る」、そういう普段の会話と同じ気持ちで(お芝居を)すればいいんだって、考え方が自分のことばかりじゃなくなりました。演劇では当たり前のことだろうけど、前回はそういうことも分からずやってたなって思います。

――前作DVDを見てから来ると、2年前との違い、成長も分かるかもしれない?

そうなると良いなって思うんですけどね(笑)。あと前回の「ふしぎ遊戯」、自分で見ても声が高いなって感じたので、今回はもうちょっと低くというか、抑えたいなって思います。ずっと裏声みたいな感じで「鬼宿!」って叫んでたから、稽古で喉を潰しちゃって。今回は本番まで喉を労わろうと思ってます(笑)。

■ フレッシュな恋愛の歌が、イケない2人の歌に!?

――この「ふしぎ遊戯」、そもそも田中さんは原作自体お好きということで。

好きです! めっちゃアニメを見てて、翼宿(たすき)が好きなんですよ。鬼宿も好きだし、っていうか、2次元だからみんな格好良くて大好きなんですけど(笑)。

――作品のどういうところに魅力を感じているんですか?

私って、普通の恋愛ものはあまり好きじゃないんですよね。戦いながらもそこに物語がくっついているみたいな、見ていても楽しいし、お話も楽しいしって、そういうのがすごく好きで。「セーラームーン」も好きだったから、「ふしぎ遊戯」だけがものすごく大好きだったっていうわけではなく、舞台をやったことでより好きになったという感じです。

アニメを見直すと自分に起きたことかのように見てしまうというか。思い入れがすごく変わりました。

――2.5次元はキャラ作りも大切ですが、田中さんにとって美朱はそれが必要な役ですか?

「唯の方が合ってるじゃん」って思われてるかもしれないですけど、自分としては全く違うとは思わないです。気持ちの部分は特にそうかなって。真っ直ぐで、弱いんだけど負けたくないっていう気持ち。そういう「負けないぞ!」っていう気持ちの強さは私もすごくあるし。

――常々話されている芯の強さですね。役としてもそこは意識されている?

そうなんですけど、前回はがむしゃらに頑張ってたから自分の思うままをそういう形で出せていたっていうのがあるんですよね。でもこの2年で色々なことを経験して、歳も重ねたから(笑)。素直さが出せなくなったじゃないですけど、私だけでなく、前回からの人はみんなそういうのがある感じです。

この前、「そのままの続編にしてはみんな歳を取ってるな」って、歌の先生に言われたんですよ。鬼宿と2人で歌うシーンなんか、恋愛じゃなくてちょっと悪いことをしてるみたいだって(笑)。

「絶対に結ばれない自分たちだけど、結ばれたいね…」みたいな歌に聞こえちゃうって。そうじゃなくて、「一緒になろうね! 鬼宿!!」っていうフレッシュさが欲しいと言われて。「そんなことを言われてもね」って、良君と相談しました(笑)。

――感情が重くなってるんですかね。

何でしょうね。「無理かもしれないけど…無理かもしれないけど一緒になりたいよね…」って、そんな感じに聞こえるみたいで。本当はそんな歌じゃないんですけど(笑)。

――思うんですけど、原作の美朱は結構ドン臭く、大食いだったりで、行動面は田中さんと逆ではないですか?

おっちょこちょいかよって思うところはいっぱいありますね。自分でやってて「おい!」って思う時もあるし、結界から出たらダメって言われてるのに「出るんかい!?」っていうのとか。そういうことでまた襲われてしまったり。「動かんかったら済むやん」って思うところは色々あるんですけど、助けたいとか、人を思う心が強いからこその行動だろうし、自分も美朱と一緒にそういう成長をしていけたらいいなと思いながら稽古をしています。

――自分の稽古だけでなく、皆さんの稽古も見ている中で、どんなところが見どころだと感じていますか?

個人的に感情が揺さぶられるドラマが好きだからというのと、美朱である私の視点からになってしまうんですが、2時間半の劇の中で本当に色々な感情になれて、暇だなっていうシーンが全くないんです。

今回は「蒼ノ章」ということで唯の気持ちが多く描かれているんですけど、美朱に対して唯も素直じゃないんですよ。美朱は唯が好きだし、唯も本当は美朱のことが好きなのに戦いになってしまって。美朱を想う唯の気持ちはお芝居をしていてすごく感じるし、見ている方にも絶対に伝わると思います。

美朱は美朱で、勉強したくない、親に怒られるのが嫌だとか、今までホントに普通の女の子だったのが、本の世界に入ったことで、人を想う心や信じる気持ちを大きく成長させているんですよね。鬼宿という、愛し合える人を知ったりも。別に成長物語ではないんですけど、前回に比べても美朱の心はすごいペースで成長していくから、そういうところも見どころかなって思います。

■ これぞ「ふしぎ遊戯」なコミカルさ。歌は上手くより感情を

――舞台は主演はもちろん、舞台上の全員が細かい芝居をしているところもポイントです。そういう部分で印象的な役者さんはいますか?

輝馬君の心宿(なかご・青龍七星士の1人)で、お芝居が上手いのもそうなんですが、顔立ちも格好良くて身長も高くて、そのまんま心宿なんですよね。通しをした時にこんな風に来るんだって感じさせられて、輝馬君が向けてくる感情によって、心から心宿に対して唯を返してっていう気持ちになるんですよ。

美朱の敵なんだけど、どうして心宿の心がそういう風になってしまったのかというのも描かれるので、注目の人だと思います。

――前回はアドリブやコミカルなシーンも多くありましたが、そこはどうでしょう?

あります、めっちゃあります! 今回は結構重たい話になるから私もそこはどうなるのかなと思ってたんですが、朱雀側はメチャクチャあって、「ここでやっていいんですか!?」っていうくらいです。アニメはそういうところも見どころだったし、むしろ「ここでふざける?」みたいなのは前回より多く描かれている気がして、これでこそ「ふしぎ遊戯」だなって思いながら楽しくやってます。

――聞いているだけで楽しそうです(笑)。プラス、田中さん的には歌も。

そこなんですけど、「信長」(「信長の野望・大志」)や「ヨルハ」(「音楽劇ヨルハVer1.2」)はお芝居メインからの歌だったから、「よっしゃ、歌きました!」っていう気分だったんですが、今回は出ずっぱりの中で歌もたくさんだから、気持ちはちょっと違うんですよね。「このまま歌に行かんと」みたいな流れで。

それが不自然に見えると「そこで歌うの?」ってなってしまうから、どう上手く歌うかより、いかに喋ってるように歌えるか、感情を繋げたまま歌のように台詞を出していけるかというのが課題になってます。課題のままじゃダメなので、頑張らないとですけど。

――では最後に、上演に向けてメッセージをお願いします。

「ふしぎ遊戯」は私にとって初めての外部舞台だった、すごく特別な作品です。前回なら続編がある期待感もあったんですけど、今回は本当にこれで終わっちゃうんですよね。もうすでに寂しいんですけど、これを終えたら今年はもう終わるんじゃないかというくらいの気合で向かっているので、たくさんの方に見にきてほしいです。

自分の心や感情がとても大事になってくる作品なので、ちゃんと自分を美朱にして、皆と一緒に、「見にきて良かった」って、何ならリピートしちゃおうと思ってもらえるような作品にしたいです。(ザテレビジョン・取材・文:鈴木康道)

https://news.walkerplus.com/article/164979/

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ