SKE48・高柳明音「“楽しい”って言えなくなったんです」と苦悩を明かす<映画「アイドル」インタビュー Part2>

ザテレビジョン

2018/10/9 06:05

10月5日に劇場デビュー10周年を迎えたSKE48。6月に地元・名古屋で行われた「第10回AKB48世界選抜総選挙」で念願の1位を獲得した松井珠理奈が体調不良による休養に入るという予想外の事態があった中で、シングル「いきなりパンチライン」のリリースやイベント出演など、怒濤(どとう)の夏を過ごしてきた。

そんな彼女たちの今夏から10周年の記念日までを追ったドキュメンタリー映画「アイドル」が、10月19日(金)から公開される。

そして9月某日、2期生の斉藤真木子と高柳明音、さらに2013年からAKB48との兼任でSKE48の一員として活動をしてきた大場美奈(2014年に移籍)の合同インタビューが行われ、3人が映画や10周年について語った。

【Part1の続き】

――この夏は多くのイベントに出演されていましたが、一番印象に残っているのは?

高柳:「美浜海遊祭」はみんな外せないんじゃないかな。初めて1期生がいない「美浜海遊祭」で、セットリストも“今のSKE48”を見せたいという思いがあったし、アイドルってみんなに元気を届けて楽しんでもらうことが一番で、その日来てくださる方に私たちの不安や寂しさを見せちゃいけないって思ったから、いないってことを感じさせないように、ライブ中は珠理奈さんに全く触れませんでした。

でも、やっぱり触れられずにはいられなくて、“松井珠理奈”がSKE48にちゃんといることを少しでもみんなに伝えないといけないなって思って、最後に2期生と3期生と美奈でステージに残って少しだけ話をしました。

劇場公演だとそのチームだけになっちゃうし、他にコンサートの予定もなかったので、「一緒に待っていようね」って言葉をファンのみんなに届けられる絶好の“SKE48だけの空間”だったので。

あと、「僕は知っている」を歌ったときに、今までと違う聞こえ方がしたんです。ファンの皆さんがアイドルとして頑張っている私たちを応援してくれている内容の歌詞だと思っていたんですけど、実はメンバーからメンバーに向けてもおかしくないメッセージだなって。

いつもは1期生から順番に歌っていく歌割りなんですけど、2期生が最初に歌ったことで、1期生がいないことを実感して、それがすごく心に刺さって、この夏の中で特に印象に残っている記憶です。

――斉藤さんと大場さんはいかがですか?

斉藤:楽しかったのは「夏サカス」の…(笑)。

大場:(映画のスタッフが)TBSだからね(笑)。

斉藤:とても楽しかったですねー(笑)。

大場:でも、8月最後のイベントで、SKE48の夏の締めくくりでしたからね。

斉藤:「美浜海遊祭」で珠理奈さんのことを何とか納得した上で、夏の最後っていう気持ちで臨めたライブでした。その少し前に、6期生が単独で出演していたのも見せてもらったんですけど、私たちが思い描くSKE48以外にも、後輩たちには後輩たちのビジョンがあって。

そのビジョンを後輩たちは何とか作り上げようとしているけど、私たちは私たちで後輩にこう成長してほしいとか、こうなってほしいというビジョンを持っていたりもするから、複雑な思いを感じた部分もあったりして。

だから、SKE48のことを思って育てたいという気持ちと、私たちも現役なんだからバリバリやりたいなって気持ちのバランスをすごく考えた夏だったかなって思います。

後輩が「先輩に追いつきたい」と言ってくれればくれるほど、私たちも気合は入るし、いい姿を見せないとなって思っていたんですけど、あの子たちなりに考えて、それを見せる機会を周りのいろんな方が作ってくれたり、それにファンの方も賛同してくれたりっていう6期生のライブを見て、私たちには作れなかったSKE48像が今後作られていくんだなっていう予感も感じました。

だからこそ、まだまだ私たちも負けられないという気持ちで挑めた「夏サカス」のライブでしたね。他のアーティストさんの曲もやらせてもらいましたし、SKE48の殻をまた一つ破れたというか、新しい可能性を生み出せたらいいなっていう思いもありました。

大場:私は六本木ヒルズの「SUMMER STATION」(サマステ)。各チーム単独でステージに立たせていただいたのって、今のチームでは初めてのことだし、去年チームEが出演したとき、チームSもチームKIIも「何でチームEだけ!?」って思ってたから(笑)。

というのもあって、去年のチームEの結果があってこそだと思うんですけど、今年はS・KII・Eと全チームを呼んでいただけたんですけど、最初のチームSのライブで倒れたメンバーが運ばれてくるのを見て、「そんなにヤバいのか」と思いました。

セットリストも、各チームの間で対抗心が燃えてしまって、どのチームもお互いの内容を知らないというか、あまり比較もしなかったですし、「うちはうちでやる」っていうスタンスでやっていたので、あえて聞くこともなかったんです。そうしたら、チームSが怒濤の9曲メドレーをやったと知って、「こんな暑い中でそりゃ倒れるわ」って。

でも、それに挑戦したのは、珠理奈さんがいなくて、きっと若手の子たちも不安だった中で、「ここでやらなきゃ」「チームSの意地を見せなきゃ」っていうリーダーの北川綾巴ちゃんから伝わっていった本気だったのかなって思います。

とにかく暑い日で、アイドルのライブとしては前代未聞の声援の規制もあって、ファンの方もちょっと不完全燃焼な感じだったかもしれないけど、これを経験できたSKE48はまたさらに強くなったかなって思います。

「美浜海遊祭」と「サマステ」を経て「夏サカス」につなげられて、人間としてもアイドルとしても学べた夏でしたね。

――ここ1、2年で一番きつかった時期や出来事は何ですか?

大場:私は今年の春ですね。(総選挙に向けて)1年かけて準備をしてきたことの結果が出なくて、目標としていた選抜に今年入れなかったら、きっとアイドルとして頑張ってきた自分がもう頑張れなくなっちゃうんじゃないかなという不安がありました。

自分がSKE48を卒業したときに、ゼロからまたこの芸能界でやっていけるのかという不安にも駆られていました。

――斉藤さんはいかがでしょうか?

斉藤:苦しかったことは要所要所で結構ありました。メンバーの卒業もそうですけど、自分と後輩との温度差というか。その差を感じて「私の思い描いているSKE48は作れないんじゃないかな」とか「もう自分の考え方は古いのかな?」って思ったり。

本番前に自分だけ準備が早くできちゃって「もう環境が違うんだ」って感じたこともありました。そういう部分では“楽しさ”や“ここにいる意味”をちょっと見失うことはありました。

でも、そういうことがなかったら後輩と向き合うこともなかっただろうし、10歳以上離れている子に話し掛けようと思う意志とかも生まれなかっただろうなって思います。自分のSKE48に対する向き合い方をグループの一員として考えたことは大きかったですね。

――それは結構前のことですか?

斉藤:現在進行形の部分もやっぱりありますし、期の近いメンバーで集まったときの安心感はあります。でも、私たちも変わっていかなきゃいけないし、社会って基本的にそうじゃないですか。変わっていく中で、それぞれの価値観で見出すものがあるからきっと成り立っているんだろうなって思います。

高柳:私は「意外にマンゴー」とか「無意識の色」とか、見せ方が新しく変わってきた中で、今年の初めくらいに「SKE48って今が一番楽しいんだな」って素直に思えたことがあったんです。

私たちから一度離れてしまった人がいて、そういう人を取り戻すためにも「今また楽しいから戻っておいで」とか、「今からファンになっても遅くないよ」っていう意味を込めて、「今が一番楽しい」ってずっと言っていたんです。

そうやって言い出したら周りのメンバーも言い始めてくれて、後輩も「先輩が『楽しい』って言ってるから、今は楽しいんだ!」って思って楽しんでくれるようになりました。

でも、珠理奈さんがお休みされて、「楽しい」って言えなくなったんですよ。楽しいことはあったんですけど、表現が難しくて。それは最近で苦しかったことだなって思います。

4月に日本ガイシホールでコンサートをしたときに、珠理奈さんが「今がSKE48は一番楽しい」って言ってくれたんです。そのときに「珠理奈さんが言ってくれるんだったら間違いないな」って自信が持てたから、またみんなで「今が一番楽しい」って言える日が早く来てほしいなって願っています。

【Part3は10月11日(木)掲載予定】(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/164770/

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ