iOS 12.1の「ベーグルの絵文字」がアメリカで議論。クリームチーズの有無が問題に

かみあぷ速報

2018/10/9 05:00


アメリカ人にとっては重要な問題……かもしれません。

iOS 12.1では多くの絵文字が追加・あるいは変更されることがわかっています。例えばiPhoneの絵文字がホームボタンのないX風デザインに変わる、というのことは以前お伝えしました。

このほかにアメリカで注目されているのが「ベーグルの絵文字」です。

特にベーグルの本場と言われるニューヨークの人からは、古そうで乾燥しており工場で作られたように見えてダメだ、といった意見が出ているのだとか。


また米チーズメーカーの「フィラデルフィア」は、ベーグルにクリームチーズが入っていない点にもツッコミを入れています。クリームチーズのないベーグルなんて悲しいだけだ、と。


さらにフィラデルフィアは、キャンペーンを立ち上げられるサイトchange.orgで、「ベーグルの絵文字にクリームチーズを加えよう」というキャンペーンを立ち上げました

3万人の署名を集めているようですが……、記事執筆時点での署名人数は950人でした。どうやら先は長そうです。



あえて日本風に置き換えれば、寿司の絵文字でネタの鮮度が悪そうに見える!とか、わさびが入っていない!といったような苦情が出ているイメージ……になるのでしょうか。

日本人から見ると割とどうでもいいようにも見えるベーグルの絵文字騒動ですが、ところ変わればいろいろな議論が起きるようです。 

あなたにおすすめ