好きになったら泥沼! 男を惑わす「相談女」って?

All About

2018/10/9 02:00

「相談したくて……」と男性に近づき、男を惑わす「相談女」。周りを巻き込んでの大トラブルとなる前に、相談女を見抜いて、その魔手に落ちないようにしましょう。

男は地雷だらけの「相談女」の魔の手に気付かない!

あなたは、「相談女」に出会ったことはありませんか? 「相談女」とは「相談したくて……」と男性に近寄っては、相手の男性にパートナーがいようが「ここでは何なので」と2人の空間に持ち込み、思わせぶりな行動を取る女性のことです。

「相談にのるだけなのに何が悪いの?」と思う男性もいるかもしれませんが、「相談女」の多くは、女性に嫌われる女性。裏があるのです。そして、男性の多くは「相談女」の真の目的とそのあざとい手口に気付かず、破滅してしまい後悔してしまいます。

パートナーに捨てられたり、周りから白い目で見られて縁を切られる前に、「相談女」を見極める目を養っておきましょう。

「相談に乗ってほしい」で近寄ってくる

相談女は、「相談に乗ってほしくて」と言って男性に近づいていきます。その内容の多くは彼氏や夫など、自分の今のパートナーの悩み。次点は人間関係の悩みでしょう。口実は「男性の意見を聞いてみたい」で、あくまで「信頼」している異性としての意見を求めるというのが表向きのスタンスです。

ただこの「信頼」が厄介で、男性からすれば「頼られている!」と舞い上がってしまう一因となります。あなたを制する周囲に対して「信頼されているから真摯に向き合っている」という強気な態度に出がちなので、パートナーや訝しんだ周囲との関係がこじれてしまうのです。

場所を変えたがる

相談女は、「ここで言うのもなんだし」「ちょっと言いづらいことで」と言って、マンツーマンの空間に持ち込もうとしますが、二人っきりになった時点で「デート」「浮気」だと考える女性は少なくありません。

「ただ相談にのっていただけ」「下心はなかった」と言っても、「なんで二人っきりなの」と強い語気で責められてしまい、パートナーへの嫌気がさしてしまうこともあるでしょう。しかし、それこそが相談女が絡む恋愛トラブルの怖いところ。目の前で怒っているパートナーよりも、自分のことを頼ってくれる相談女のほうが良い女に見えてきてしまうマジックに掛かってしまうのです。

キラーフレーズ「あなたのことを好きになれば良かった」

相談女の話を聞いていると、気付けば相談から「か弱い私アピール」に話がすり替わっていることがあります。話のすり替わりに気付かないと、知らず知らずのうちに「守ってあげたい」という気持ちが芽生えることも。

そんなタイミングで繰り出されるのがキラーフレーズ「あなたのことを好きになれば良かった」です。その言葉に「だったら俺のことを好きになれよ」と思ったら、相談女からすれば誘導成功。よくある「相談しているうちに惹かれていった」が成立してしまうのです。

彼氏がいない時期が極端に短い傾向にある女性は、すぐ次の人と両思いになれる確率を考えると、相談女として次の獲物を物色していたことや、同時進行で別の男性と付き合っていた可能性が高いといえます。どちらにしても地雷女。見極めの目安になるでしょう。

好きになったが最後、泥沼に……

相談女の怖いところは、「相談」と称した罠を同時に複数の男性に仕掛けるところ。思わせぶりな行動を取って男を惑わせ、チヤホヤされることを楽しんだり、次の彼氏候補としてキープしておいたり、浮気相手の選定をしたりするのです。

いざ男性がその気になってのめり込んでも、「そんな気じゃなかった」とあしらって「相談してただけなのにストーカーになった。助けて!」と周囲に吹聴してまわったり、乗り換え対象になって付き合ったとしても、さらに次の乗り換え対象を探すべく別の男性に相談を持ちかけたりします。

知らず知らずのうちに忍び寄る相談女の魔の手。「俺は頼られてる!」とデレデレしていると、本当に失ってはいけない人たちを失ってしまいかねませんよ。
(文:相沢 あい)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ