結局タイミングって何? みんなが結婚を決意するきっかけ4つ




“結婚はタイミングだ!”なんてやや上から目線でアドバイスされたりすることはありませんか? でも迷える独身女子としては「タイミングって何?」と逆に聞いてみたくなります。今回はそんなモヤモヤした思いを解消すべく、“タイミング”とは何か、そしてみんなが結婚を決意するきっかけを考えてみました。

結婚を決意するきっかけ

1. “家族になりたい”という気持ちが強く盛り上がった

恋人同士の付き合いでも十分に幸せなのに、そこからさらに一歩踏み込んで結婚する決め手は何なのでしょう。その一つが“家族になりたい”という強い思いと言えます。いつでも別れられるような不安定な関係ではなく、夫婦として世間からも認められ、生涯のパートナーとして連れ添っていきたいと思ったとき、結婚の二文字が具体的に考えられます。
それには愛情はもちろんのこと、“この人となら幸せになれる”という確信が不可欠です。

2. 収入が安定し、家庭を築けるだけ生活基盤がしっかりできた



愛情だけでやっていけるほど結婚は甘いものではない、そんなシビアで現実的な考えを持った人にとって結婚のタイミングとはずばり、“収入が安定し、生活基盤がしっかり固まった”と思えるとき。でも今の時代、雇用も不安定だし、今の収入がずっと続く保証も無いのです。
どこかで区切りをつけ、“これなら何とかやっていける”というラインを決めておかないと、ずるずると結婚を先延ばしする羽目になるかもしれません。

3. 転勤や引っ越しなどの話が出た

恋人に転勤や引っ越しの話が出て、遠距離恋愛になるくらいなら結婚しようと決断する人もいます。ロマンティックなきっかけとは言えませんが、現実的に考えて二人が幸せになるベストな方法ならば大いにアリでしょう。
ただし転勤や引っ越しのタイミングに合わせて結婚したけど、新天地での生活が今まで通りとはいかず、結婚後に不満やストレスを抱えるパターンもよくあります。結婚後の生活をよく話し合っておくことが肝心ですね。

4. 子どもができた、あるいは子どもが欲しいと考えるようになった



結婚を決める重大なファクターのひとつが“子ども”。授かったタイミングで、あるいは子どもが欲しいという二人の希望が一致したとき、結婚の二文字が浮かび上がってくるのは自然なことだと言えるでしょう。安心して子どもを産み、育てる環境を整えたい、という気持ちは結婚へと突き進む大きな動機となります。

まとめ

結婚に至るきっかけはカップルそれぞれだと思いますが、ふたりの気持ちはもちろんのこと、経済状況、ライフスタイル、互いの家族との関係などいろいろな要素が絡んでくるものです。せっかく結婚するなら末永く幸せに暮らしたいもの、だからこそ相手選びとタイミングは絶対に間違えたくないものですね。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ