ユニクロで「買って損したもの」を100人調査! 「色落ちする黒パンツ」「毛玉だらけのコート」


 冬の訪れを感じる日も増え始め、そろそろ衣類の準備も始めたい季節。できるだけリーズナブルに揃えるべく、大手衣料品メーカーである「ユニクロ」にお世話になっているという人も少なくないだろう。カジュアルなデザインの衣料品がコスパよく買えるだけでなく、機能性を追求したアイテムを取り扱っていることでも知られているユニクロだが、中には「買って損した」と感じる商品も。そこで、ユニクロを利用したことのある男女100人に、「ユニクロで『買って損した』と思ったアイテムとその理由」を聞いてみた。

サイズが合わない!


 若干スリムなつくりの商品が多いのか、「失敗した」との声多数。試着できるものは、試着してから購入を判断するのがよいだろう。

・XLサイズのブラウス。2着買いましたが、思ったよりサイズが小さくて、バストが窮屈なので失敗したなと思いました(50代/女性/個人事業主)
・カーディガン。全体的に細めで、腕の部分は重ね着なんかしようものならパツンパツンでした。2サイズくらい大きめを買わないとだめですね(40代/女性/パート・アルバイト)
・ポロシャツやTシャツ。ユニクロはタイトな服が多く、きつくて捨ててしまいました(40代/男性/個人事業主)
・カップ付きキャミソール。自分の胸の大きさと合わなくてフィットせず、着け心地が悪かったです(30代/女性/個人事業主)
・ブラトップ。評判が良くて買ったのですが、痛くて着ていられなかったです。1日しか着なかったと思います(40代/女性/専業主婦)
・ストレッチジーンズ。ひとつ買って穿き心地が良かったので、色違いの同じサイズを試着しないで買ったら、同じ商品なのに足周りのサイズが違っていた。ダボダボでみっともなくて穿けない(30代/女性/専業主婦)
・防寒用のタイツ。足首から先がないものなのですが、とても締め付けられる感じで、一度穿いただけで処分しました(40代/女性/専業主婦)

デザインがイマイチ……


 かつては「ダサい」の代名詞だったユニクロだが、近年は有名デザイナーと盛んにコラボしている。しかし、それでもデザインに不満を持つ人はいるようだ。

・企業コラボのTシャツ。しまむらの企業やゲーム・アニメのコラボと比べて、作品チョイスにセンスがないと感じました(30代/男性/無職)

・パーカー。品質は良いかもしれないけど、ほかのショップでもっとデザイン性のあるものが売っていたから(30代/女性/専業主婦)
・ジージャン。ユニクロってロゴが入っているので、脱ぐとき恥ずかしいし、やっぱりデザインがダサかったです(50代/男性/経営者)
・ジーンズ。長さを後で合わせることを前提にしているかもしれないし、私の足がもともと短いからかもしれないが、試着時点だと丈が長く、切ってもらったら思っていたシルエットと違ってしまったから(20代/女性/個人事業主)

着心地や肌触りが良くないと、せっかく買っても出番がなくなることに。

・耳あて。つけ心地が悪い。ファーの部分はチクチクする素材だし、サイズ調整機能がガサツですぐに落ちてきてしまいます。もっと丁寧に作ってくれたらいいのにと思いました。見た目は可愛いので余計に残念です。お金を払って良いものを買えば良かったですね(30代/女性/個人事業主)
・ダッフルコート。それなりのお値段(1万4,800円)にもかかわらず、すぐに毛玉ができてしまった(40代/女性/正社員)
・黒のパンツ。色落ちがすごく、着ていた白いトップスまで黒ずんでしまった(20代/女性/正社員)
・黒のデニム。白い糸とかゴミがものすごく目立つし、取りにくいし洗濯しにくい(20代/女性/パート・アルバイト)
・980円のポロシャツ。汗でまとわりつくため脱ぎにくく、また、すぐに傷んでしまったためです(50代/男性/正社員)
・2枚入りパックのTシャツや上下セットのルームウェアなど。複数アイテムのセットは丈が短かったり生地が安っぽいものだったりして、着心地もシルエットもイマイチで結局着ないで捨ててしまう(30代/女性/専業主婦)
・革製品。買った時は良いと思ったけど、家に帰ってよく見たら安っぽかった(40代/女性/パート・アルバイト)
・冷感シャツ。私には合いませんでした。木綿などの自然素材に比べて、アトピーなどが出やすかったです(50代/男性/正社員)
・セーター。前の年に買ったのと同じものを買ったつもりが、着心地がぜんぜん違っていました。繊維の種類によってアレルギーが出る体質なのですが、腕や首元に水膨れができてしまいました(30代/女性/正社員)
・フェイスタオル。水の吸収があまり良くなかったので、損をした気持ちになりました(60代/女性/個人事業主)

すぐに破けてダメになってしまう


 安かったがすぐ着られなくなり、「逆にもったいなかったな」と後悔する人も。

・レザーなどのアウター。非常に品質が悪く、すぐダメになります(30代/男性/個人事業主)
・ダウンジャケット。すぐに破けるし汚くなるしで、使えなくなった(20代/女性/パート・アルバイト)
・ニット製品。洗濯したら着られなくなるほど縮んでしまったことがあった。それ以降、ユニクロでのニット製品はどうしても買えなくなってしまった(20代/女性/派遣社員)
・カーディガン。洗えば毛玉ができやすいし、形も崩れやすいので失敗したと思うことがあります(30代/女性/正社員)
・カットソー類。洗うたびにくたびれてきて、使い捨てのようになってしまうため(30代/女性/正社員)
・Tシャツ。生地がよれよれで一度洗っただけで使い物にならなくなったから(20代/女性/正社員)
・くるぶし丈のワンピース。裾の部分が洗濯ですぐに伸びてしまったからです(20代/女性/学生)
・スキニーパンツ。洗うたびに縮んでしまい、パツパツになったからです(20代/女性/専業主婦)
・ジーンズ。試着した時は穿き心地がよかったのですが、ストレッチが弱く、日常的に穿いていたら、膝のところが出てきて生地が薄くなりました(40代/女性/専業主婦)
・ヒートテックの極暖。洗濯により内側が毛羽立ってしまい、肌触りが悪くなってしまったので(40代/女性/個人事業主)
・5枚入りで600円くらいのアンダーウエア的なタンクトップ。すぐに伸びてヨレヨレになってしまった(40代/女性/パート・アルバイト)
・靴下。すぐに穴が開いてしまいました。とても残念でした(50代/男性/正社員)
・トランクス。ゴムが伸びやすく、生地も長持ちしませんでした。それから下着は無印で買うようになりました(30代/男性/経営者)

安さとカジュアルなデザインがうけ、一躍人気を集めたユニクロ。裏を返せば、多くの人が同じアイテムを持っているということだろう。

・フリース素材のトップス。一時はユニクロが大ブームになり、どこへ行ってもユニクロを着ている人に出会ったので、すぐにユニクロだとばれてしまい恥ずかしかったです(40代/女性/専業主婦)
・キャラクターもののTシャツ。多くの人が着ているので、街なかでかぶってしまうことが多いなと感じたことがある(40代/男性/正社員)
・カーディガン。シンプルだし使いやすいのですが、会社に着ていったときに同じものや色違いを着ている人が多くいて、恥ずかしかったです(20代/女性/正社員)

意外と安くない


 「安い」というブランドイメージが定着しているが、実際にはそれほどコスパの良くないアイテムも紛れている様子。

・ソックス類やトランクス。ほかのスーパーの方が安いと感じたから(50代/男性/正社員)
・コート。安くて品質が良いと思って買いましたが、いろいろなブランドと比べてみると、あまりコストパフォーマンスが良くなかった(40代/男性/正社員)
・ジーンズ。思っているよりも値段が高くて、損したと感じてからは買っていません(30代/女性/正社員)

機能性を感じない


 高い機能性でヒットしたアイテムも、話題ほどの効果を感じないという人もチラホラ。

・ネックウォーマー。あまり暖かくない上、装着が面倒ですぐ使わなくなりました(40代/女性/無職)
・ヒートテック。人によるとは思いますが、自分はそんなに暖かく感じませんでした(40代/男性/無職)

「セール」という言葉につられて……


 セールや見切りでさらに安く手に入るとなると、つい買ってしまいたくなるが、結果として損してしまっては本末転倒。

・見切り品になっていた派手な色のTシャツ。上に何か重ねればいいかと思ったけれど、なかなか積極的に合わせられず着ずに終わりました(30代/女性/個人事業主)
・セールになっていて、かつ友人たちとお揃いで買った普段買わないような色のトップス。セールになってなかったら選ばないような柄だったので、結局ぜんぜん着なかった(30代/女性/正社員)
・値下げされていたパンツ。サイズが少し小さかったのですが、痩せれば着られるだろうと思い購入しました。結局痩せることはなかったので、一度も穿くことができませんでした。自業自得ですね(30代/女性/正社員)

【アンケート概要】
■調査地域:全国
■調査対象:年齢不問・男女
■調査期間:2018年07月23日~2018年08月06日
■有効回答数:100サンプル

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ