「攻殻機動隊」シリーズの押井守が語る、忘れられない映画

NeoL

2018/10/8 19:59



けっして褒められた出来の映画ではないとわかりながら、ただそのシーンを繰り返し観たくて、あるいは、その俳優が出ているからという理由だけで、数十回観ても飽きない映画がないだろうか。

『シネマの神は細部に宿る』は、自身も映画監督である押井守さんにとってのそんな映画の数々を、毒舌と、愛をこめて語る、フェティッシュ満載の映画本だ。取り上げられているジャンルからして、バセットハウンド(犬)、モンスター、暗器(隠し武器)、スナイパーライフル、ヘリコプター、制服――。そんな主題の映画、あったっけ?と首を傾げたくなるものばかり。

ところがページをめくると、出てくるのは歴史的傑作や、メディアを騒がせた話題作だったりするのだ。同じ映画を観ているはずなのに、こんなにも視点が違うというのが面白く、映画の楽しみ方は自由でいいんだな、と思わせてくれる。

そして、ネタバレ厳禁とは対極にある本書は、読んだ後に、本当にそんなシーンがあったのか映画を観て確かめたくなるし、自分のフェティシズムを刺激するあの映画をもう一度観たくなる。

『シネマの神は細部に宿る』押井守東京ニュース通信社1888円Amazon

あなたにおすすめ