説明上手な人は高収入になれる? 相手によって伝え方を変える傾向も

しらべぇ

2018/10/8 17:30


(itakayuki/iStock/Thinkstock/写真はイメージです)

自分の考えを人に説明するのは、なかなか難しいことである。頭の中できちんと整理できていないと、ただまとまりのない話になってしまうからだ。

■半数の人は説明下手


しらべぇ編集部では全国20~60代の男女1,363名を対象に、「自分の性格について」の調査を実施。

(©ニュースサイトしらべぇ)

「人に説明するのが苦手だ」と答えた人は、全体で50.0%。これほど苦手な人が多いなら、少し説明が得意なだけで他者との違いになりそうだ。

「頭の中で話をまとめるのが苦手で、自分でもなにを言っているのかわからなくなるときがある。友達から『それで結論は?』とつっこまれるけど、それのせいで余計に焦る」(20代・男性)

■説明が上手な人は高収入が多い傾向


収入別で見ると、年収が低い層ほど説明下手な人が多くなっている。

(©ニュースサイトしらべぇ)

高収入の人たちは、やはり説明が上手なのだろうか。

「営業で好成績を上げている人たちは、話術でどれだけ信用させられるかが重要だと思う。私のような説明が下手な人間がおどおどしながら説明しても、まったく魅力が伝わらないだろうから」(30代・女性)

組織を動かすリーダーが説明下手だと、話にならないとの意見も。

「チームを動かすのには、わかりやすい説明をしてくれるリーダーが欠かせない。説明が下手な人が上司の場合、何度も聞き直さないといけなくなる。

しかも自分が下手だと気づいていない場合、こっちのことを『理解力がない』と思うから最悪」(20代・男性)

■タイプに合った説明方法を


それぞれに合った説明を使い分けるのが、本当に上手な人なのかも。

「言葉でまとめるのが苦手な人でも、文章にすればずば抜けて上手になる場合もある。また図解にしてまとめると、わかりやすくなることも多い。

自分に合った伝え方をするのはもちろんだけど、相手のタイプによって使い分けるとすれ違いが少なくなると思う」(40代・男性)

説明が苦手だと思っている人は、一度、考えを書き出してみるといいだろう。

・合わせて読みたい→日本人は褒め下手? 「叱る上司じゃやる気でない」と不満を抱く部下たち

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2018年8月31日~2018年9月3日
対象:全国20代~60代の男女1,363名(有効回答数)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ