北川景子“4分の偉業”裏話披露「実況に背中押された」 映画は「まばたきせず見て」

 女優の北川景子(32)が8日、都内で映画「スマホを落としただけなのに」(監督中田秀夫、11月2日公開)の完成披露試写会に出席した。

 北川は6日に生放送されたTBS「オールスター感謝祭」(後6・25)に出演し、「4分間まばたきしない」チャレンジに成功。驚異の“演技力”と4分間のアップに耐えうる顔の美しさに、「北川景子」がツイッターのトレンドに入るなど、SNS上で大反響を呼んだ。この日はその時実況を務めたTBSの杉山真也アナウンサー(35)が司会。杉山アナがこの話題に触れると「昨日実況ありがとうございました」と笑顔。まばたきについては「あの時は(目が)半開きでしたもん。いっぱい目を開いていたら4分は無理だと思います」と苦笑い。そして杉山アナに「『もしかしたらもしかするのか!』って言われて、すごい応援されてる気持ちになって背中を押されました。人間頑張れば成し遂げられるんだなって思いました」と明かし、会場からも拍手が送られていた。

 同映画は恋人がスマホを落としたことで、不可解な事件に巻き込まれていく、現代に潜む恐怖を描いた新感覚のノンストップ・ミステリー。北川は「なるべくまばたきをせず、ご覧になって下さい」と観客に呼びかけ、笑いを誘った。

 イベントにはほかに千葉雄大(29)、成田凌(24)、田中圭(34)が出席した。

あなたにおすすめ