人妻不倫に走るバブル世代の女性たち。やけにイキイキと暴走する理由

日刊SPA!

2018/10/8 15:53



今どきのアラフィフは普通の主婦でもキレイな人がぐっと増えた。リストラや減給で元気のない男性に比べ、やけにイキイキとして楽しそう。実はその理由は“不倫”だった!? 情事に走る人妻たちの告白リポートを紹介する!

◆性に暴走するアラフィフ人妻たち

’80年代に青春時代を謳歌したバブル世代は現在アラフィフ。女性たちは、子育てから手が離れ、自由になったその身の羽を存分に伸ばし始めている。都内で定期的に開催されるアラフィフ向けのディスコイベントでは毎回、300人以上の中年男女が集まる。同イベントのオーガナイザーはこう話す。

「お金も時間もある程度ゆとりがあるからか、みんなめちゃくちゃはじけています。郊外にもオトナ世代をターゲットにした小箱、中箱がオープンし、’80年代イベントは今、一番いい客が呼べる。メイクをバッチリキメた色っぽい人妻も大勢遊びに来ますよ」

そこでは“一夜限りの関係”に発展する中年男女も少なくない。一方、割り切りの関係の人妻を常に3~4人持ち、これまで3ケタの熟女を味わってきたというT氏(56歳)は彼女たちの心情をこう分析する。

「僕だってお腹は出てるし、シミもシワもある。『あなたも体形気にしなくていいんだよ』『家庭は守りながら恋愛を楽しもう』と安心感を与えて口説くと、半数以上が落ちます。夫とはセックスレスで、潜在的に女として愛されることに飢えている女性が多いんです」

閉経を目前に控え、“女としての終わり”をうっすら実感するアラフィフが、最後の悪あがきをするかのように暴走をしているのだ。なぜ、彼女たちは暴走するのか――。

これまで数百件の相談に乗ってきたという、元AV女優で不倫恋愛アドバイザーの松本亜璃沙さん(46歳)はこう分析する。

「バブル世代の女性は、社会に出る直前に男女雇用機会均等法が施行されたこともあり、結婚後に妻や母としての役割を果たすという意識が上の世代に比べて希薄で、自分の世界を持っている」

亜璃沙さんの元に訪れる相談者の7割が40~50代。半数が同世代とW不倫で、残りは20~30代の年下男性と恋愛を楽しんでいる。

「老後を控え、仕事や家庭以外でも生きがいを見つけたいと思っているので、出会いの場が広がっているのです。女性は嘘をつくのがうまいので、長年、夫にバレず婚外恋愛を楽しんでいる人も多い」

言うまでもなく、ベッドの上でも元気いっぱいな彼女たち。年下の彼がいる場合、一回のデートで2回戦、3回戦もこなすという。

「夫はATM、恋人は心身の充足」とうまく使い分け、第二の青春を謳歌しているのだ。

【松本亜璃沙】

不倫恋愛アドバイザー。3度の結婚・離婚を経て5児の母。現在は彼氏と熱愛中。ブログは「平成最後の小悪魔♡元セクシー女優が贈る愛する彼の一番になる禁断のメソッド」

― 恋するアフラフィフ人妻 ―

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ