話題のジェンダーレス女子・中山咲月が吉田羊とキス寸前!?『中学聖日記』

テレビドガッチ

2018/10/8 12:00

中性的な魅力を持つ“ジェンダーレス女子”としてSNSでも話題沸騰中のモデル・中山咲月が、有村架純が主演を務めるドラマ『中学聖日記』(TBS系、10月9日スタート、毎週火曜22:00)に出演することがわかった。吉田羊との妖しくも美しいシーンに期待が高まる。

同ドラマは、女性向け漫画雑誌「FEEL YOUNG」で人気連載中の漫画家・かわかみじゅんこによる同名漫画を原作としたヒューマンラブストーリー。片田舎の中学校を舞台に、年上の婚約者がいながらも勤務先の中学校で出会った不思議な魅力を持つ10歳年下の教え子に心惹かれていく教師・末永聖(有村)の“禁断の純愛”を描いていく。

ドラマ初出演となる中山は、2011年にティーン誌「ピチレモン」の専属モデルとしてデビュー。性別を感じさせない中性的かつミステリアスな存在感で同世代の女性にカリスマ的人気を誇り、そのビジュアルからファンの間では「王子」と呼ばれている。また、昨年出演したバラエティ番組では“ジェンダーレスモデル”として紹介され、現在はファッションブランドのイメージキャラクターを務めるほか、雑誌やテレビ、舞台などで活躍している。

そんな中山が演じるのは、聖の恋人・勝太郎(町田啓太)が勤める商社の近くにあるダイニングバーのバーテンダー・青山更紗。第1話では、勝太郎の先輩でバイセクシャルでもある原口律(吉田羊)と親密な様子を見せ、聖と勝太郎を驚かせる。

更紗の存在が律、そして聖と勝太郎といった大人の恋愛模様にどのような影響を与えていくのか。そして、更紗と律の関係とは? 物語が動き出す第1話から目が離せない。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ