いつ送るのがいいの?気になる彼にLINEをする「ベストなタイミング」

愛カツ

2018/10/7 11:45


気になっている男性に対しては「LINEを送りたいな」なんて気持ちになることも多いでしょう。

ただ、相手の迷惑にはならないようにしたいでしょうから、いつ送ればいいのかは悩んでしまうものですよね。

LINEを送るタイミング

そこで今回は、気になる彼にLINEをする「ベストなタイミング」を紹介します。

■ 「仕事」が終わったあと

仕事が終わったあとに「お疲れ様」と女性から言ってもらえると、単純に男性はうれしいもの。

疲れている男性を労うというのは、彼女がよくする行動でもあるので、ちょっとした錯覚を起こしたりもするかも。

仕事のあとは、男性が精神的にも肉体的にも、そして時間的にも最も余裕が生まれるタイミングでもあります。

そんな解放された状態のときに、女性からやさしい言葉をかけてくれるLINEがきたら、一気に好印象を抱くはずですよ。

■ 「朝イチ」の通勤時間帯

夜中にLINEを送るのは、睡眠の邪魔になる可能性もあるので、できるだけ避けるべき。

また、仕事をしている時間にLINEを送るのは、返信できるはずもないので、非常識だとも思われてしまうでしょう。

でも、朝イチのLINEであれば、通勤時間の暇つぶしになったりもするので、男性の迷惑にはなりにくいかも。

とはいえ、重たい内容や面倒な内容のLINEを送ると、朝から最悪な気分にさせてしまうので、軽い気持ちで楽しくやり取りできる会話を心がけるべきですよ。

■ 体調不良のときの「お見舞いメッセージ」

風邪や体調不良で会社を休んだりしたときに、女性から心配やお見舞いのLINEがきたら、その気遣いに男性はキュンとなるもの。

「大丈夫ですか?」とか「何かできることがあったら言ってくださいね」なんて言ってあげると、自分のことを大事に思ってくれている感じも伝わるので、余計にうれしいはずです。

お見舞いLINE

さらに「○○さんがいないとつまらないです」などとさりげなく付け加えたりすると、不意打ちにドキッとして急にあなたのことを意識しちゃったりもするかも。

ただ、あくまでも相手は寝込んでいる状態なので、会話をする時間や回数には十分に配慮をしましょう。

■ 「相手から」LINEがきたとき

気になる男性にLINEを送るのに最もベストなタイミングは、その男性からLINEが送られてきたときです。

男性がLINEをできる時間であるという決定的な証拠ですから、そのタイミングは逃してはいけません。

あえて返信を遅らせて焦らしたりするのが恋の駆け引きとして効果的だと言われていたりもしますが、なかなか返信がこないと男性はイライラするだけ。

すぐに返信をすれば、そこから会話が始まっていく可能性だって十分にあり得ることなので、変に駆け引きに頼りすぎない方がいいですよ。

■ おわりに

LINEは送るタイミングを間違えると、迷惑になってしまうこともあります。

どういったときであれば男性が会話をしやすいのかもちゃんと考えると、頻繁にLINEを送り合える仲にもなりやすいでしょう。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)

あなたにおすすめ