King&Princeカレンダー発行元は「新潮社」に決定!? ジャニーズスキャンダル制止の戦略か?


 例年12月頭より予約が開始される、ジャニーズ事務所所属グループの4月始まりスクールカレンダー。2019年度版には、今年デビューしたKing&Princeのカレンダーもラインナップされる見込みで、各出版社が争奪戦を繰り広げた結果、今回“初参戦”の新潮社が内定を得たという。現状の人気を考えれば、売り上げ20万部は手堅いとみられる“金の卵”を、なぜ新規参入の新潮社が手中に収められたのか。

「今年のカレンダーは、デビュー組がHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone、ジャニーズWESTの4部。またジャニーズJr.が3部と、合計7部が発行されています。出版社は流動的ですが、ほぼ例年、持ち回り制。カレンダーは相当な利益が確約されている案件だけに、特に週刊誌を発行する出版社に対しては、ジャニーズ側からすれば“スキャンダル記事抑止”の効果があります」(週刊誌記者)

昨年のカレンダーを手がけた出版社で、週刊誌を発行しているのは講談社、小学館、光文社。いずれも年末に近づくと、カレンダー発行の手前、ジャニーズスキャンダルを取り扱いにくくなるそうだ。

「記者がどれだけ大きなスクープを取ってきても、出版社の幹部から『カレンダーが発売できなくなるかもしれないから』と説得され、記事化が見送られることはありますね。講談社は2008年に『週刊現代』で、・大野智の大麻吸引疑惑を報じていますが、それによって、嵐のカレンダー発行が吹っ飛んだ……というウワサが、出版業界では長年ささやかれているんです」(同)

ジャニーズからすれば、マスコミに対する“強力な武器”となるカレンダーの発行権だが、新潮社といえば、「週刊新潮」の版元であり、同誌はジャニーズのスキャンダルを真っ向から報じられる、数少ない週刊誌である。

「ただ『新潮』の幹部は、メリー喜多川副社長と懇意の仲らしく、先日、同誌に掲載された滝沢秀明の独占インタビューも、この2人の蜜月関係によって実現したといわれています。キンプリのカレンダーに関しても、『ジャニーズ幹部が新潮社を推していた』という話を聞きますし、ジャニーズは戦略的に同社を“懐柔”しようとしているのでは」(出版関係者)

また、ジャニーズが新潮社に内定を与えたのは、文藝春秋への意趣返しという見方もできるという。

「文藝春秋の発行する『週刊文春』は、ジャニーズにとって最も険悪な関係の週刊誌、また新潮社にとっても、同社が発行する『週刊新潮』のライバル誌に当たります。つまり、ジャニーズと新潮社は、文藝春秋という同じ敵を持つ者同士となるわけです。新潮社がアイドルのカレンダーを手がけることは異例中の異例で、これにより、今後は『新潮』の編集方針にも、大きな影響が出るかもしれません。もしかしたら、ジャニーズのネガティブ記事が目に見えて載らなくなる可能性も否めませんよ」(同)

もしそうなったら、またひとつ、“ジャニーズを恐れない週刊誌”が、マスコミ界から姿を消すことになる。新潮社がジャニーズに対して、ジャーナリズム精神まで売り渡さないことに期待したいものだ。

あなたにおすすめ