イライラがとまらないっ! 子どもと母の熱き日常バトル5選!




可愛いけど、可愛いだけじゃすまないのが育児。子どもの年齢が上がっていけばいくほど口が達者になっていくので、当然、子どもと母のバトルは熱さを増していきます。毎日何回、「いい加減にしなさい!」と怒鳴りそうになることか……。
そこで今回は、「イライラがとまらないっ! 子どもと母の熱き日常バトル5選」をご紹介したいと思います。

1. 言い訳をしてくる



「宿題をやりなさいと注意すると『今やろうとしてました~』とか『ママは宿題がなくていいよね~』などの言い訳がひどくてイライラする」(小2男子保護者)

▽ 子どもってすぐに言い訳しますよね。「わかった」って一言だけ言ってくれればそれで終わるんですが、なかなか理解してくれないものです……。

2. 手洗いうがいをしない

「帰ってきたら手洗いうがいをしなさいと言っているのに、結局何もしないでおやつを食べようとする。毎日毎日注意しなきゃいけなくて本当に疲れます」(小3男子保護者)

▽ 小さい頃から何年も何年も言っているのに習慣にならないのは、親にとって本当に悩みもの。せめて6割くらいの確率で自分から動いてくれればイライラもなくなるんですが、そううまくはいかないのが子育てです。

3. 好き嫌いがひどい

「お肉はぶにぶにしてて嫌い。なすはぶにょぶにょしてて嫌い。魚は骨があって嫌い。とにかく好き嫌いがひどい! 毎日仕事して疲れて帰ってきたあとに一生懸命ご飯を作っているのに……」(小2女子保護者)

▽ 一生懸命作ったご飯を食べてくれないのは寂しいですよね。子どもの体のことを考えても好き嫌いはなくしてほしいのですが、本人次第なのでなかなか難しい問題です。

4. ママの悪口を言ってくる



「何か注意するたび、『おばさん!』『いつもダラダラしてばっかりのくせに!』など、私の悪口を言ってくるので、バトルがどんどんヒートアップしていきます」(小4女子保護者)

▽ 女の子は口も達者なので、子どもということをついつい忘れてついつい熱くなってしまうのは、女の子をもつ親ならではの悩みです。子どもだろうがやっぱり女は強い!

5. 同じ失敗を何度も繰り返す

「テストは見直しをしなさいと言ってるのに、ケアレスミスばかり。持ち物には名前を書きなさいと言っても書かずに失くす。何回言ってもきかないし、同じ失敗を何度も繰り返すから毎日イライラしっぱなし!」(小3男子保護者)

▽ 子どもは繰り返し失敗することで学んでいくということはわかっていても、何度も注意するほうとしては、イライラがたまりますよね! かといって放っておくこともできない……。それは親の愛情なのかもしれません。

まとめ

いかがでしたか? 毎日怒らず、穏やかに過ごしていきたいとママたちはみんな願っています。それなのに、その願いが叶わないことで、ついついバトルも熱くなってしまうんですよね。
まだまだ続く育児。みんなで一緒に頑張っていきましょう!

あなたにおすすめ