イクってどんな感覚…? 美女4人が解決する「性のお悩み」4つ

ananweb

2018/10/7 21:00

女性のためのセルフプレジャーアイテムのブランド『iroha(イロハ)』が開催したトークイベント「快楽解体新書」では、“女性の体” や “セックス” についての疑問を解決してくれる質問コーナがありました。女性のデリケートなお悩みに答えてくれたのは、恋愛メディア『AM(アム)』編集長・金井茉利絵さん、『なおえビューティークリニック』の院長・喜田直江先生、『iroha』広報・西野芙美さん&工藤まおりさんの4人です。友達には相談しにくい “性にまつわるお悩み” とは?
写真・角戸菜摘 文・色葉みみ

■ セルフプレジャーアイテム『iroha』主催のトークイベント「快楽解体新書」とは?

右から、『iroha』広報・工藤まおりさん、恋愛メディア『AM(アム)』編集長・金井茉利絵さん、『なおえビューティークリニック』の院長・喜田直江先生、『iroha』広報・西野芙美さん。

先端の柔らかな玉飾りが特徴の新製品『iroha RIN』の発売を記念して、9月26日(水)に代官山『晴れたら空に豆まいて』にて、トークイベント『iroha RIN発売記念 快楽解体新書~女性の身体のナカとソト~』 が開催されました。そのなかでおこなわれた、リアルなお悩みに答える質問コーナーでは想像以上のせきららトークを聞くことができました。

■ 性にまつわるお悩み相談コーナー

■ Q1 セックスを3回以上したらその男性のことを好きになってしまいます。これっておかしいですか?


工藤さん
定期的に同じ男性とセックスをしていたら、いつの間にか感情が入ってしまう……これはよく聞きますよね。

金井さん
そうでない人もいるけど、セックスした相手を好きになる人も多いので、普通のことだと思います。好きになるタイプの人の中でも2パターンに分かれ、
好きになったことを楽しめる人と、相手に求めすぎて辛くなっちゃう人がいます。
楽しめるなら、ヤれば好きになるんだから便利! ですが辛くなるなら、付き合うまでヤらないとか相手を選んだりして対策すればいい。それでもヤることは我慢できずに辛くなるなら、せめて何人も同時進行したらいいんじゃないですか?
“付き合っていない人とヤっちゃうのに、ひとりの人しか嫌”って中途半端に純粋ぶるから傷ついちゃうんですよ。
並行してリスク分散をしましょう。

工藤さん
私自身ものめり込むタイプなんですけど、のめり込んでいる自分のことが好きじゃないから分散させます。

西野さん
私は、好きっていう気持ちとセックスが完全一致していないタイプなので、ヤったからといっていつも感情が入ることはないんです。だから、
“好きな人としかセックスをしちゃいけない”っていう常識にとらわれなくてもいいのでは?とも思います。
もちろん性病や妊娠などのリスクを考えることは必要だけど、のめり込んで辛くなるなら、
愛情=セックスじゃなくてもいいし、リスクを分散させるのはセルフマネジメントとして必要。
そうしたほうが、自分自身が心身ともに健やかに過ごすことができると思う。

金井さん
感情と切り離してセックスができたら、趣味が増えたみたいで楽しそうですね(笑)。セックスした相手を好きになるのはおかしいことじゃないけど、それで辛くなるなら、同時進行して気持ちを分散させましょう。

■ Q2 女性器の下付き、上付きは、生まれつき? 生活環境や鍛えることで変化するのでしょうか?


喜田さん
生まれつきついている位置なので変えることはできません。そもそも、どちらのほうがいいとかもないので変える必要もありません。

工藤さん
ついている位置によって、感じる体位は変わるんですか?

喜田さん
それはありますね。ですがパートナーさんの形状やサイズによっても変わるので、気持ちいい体位を二人で探ったらいいと思います。

工藤さん
自分が下付きなのか上付きなのか知りたい……これは性のエキスパートとセックスして教えてもらうしかないですね(笑)。

喜田さん
ついている位置を知っても変えることはできないので、自分が持っているものを活かして頑張りましょう。

■ Q3 挿入中に男性器の感覚を全く感じなくなる時があります。サイズは関係なく、たまにある男性器が消えたような感覚の正体はなんなのでしょうか?


工藤さん
あるあるですよね。男性器消える現象!

喜田さん
男性器が消えたような感覚は、女性がすごく感じている時なんです。女性はオーガズムに達する直前に、精液を貯めるために女性器の奥が風船のように膨らんで広がります。そうすると内部が男性器に触れなくなり、消えたように感じる現象で「ロストペニス」と呼ばれています。

工藤さん
確かに男性器を感じなくなるのは、オーガズムを感じる直前かもしれません。

喜田さん
男性側も膣を感じなくなるから不安になるらしいですよ。ですが女性が感じているってことなので、すごくいいことです。

■ Q4 イクという経験をしたことがなく、感覚すらもよくわからないです。どうしたらイケるのか教えてください。


工藤さん
オーガズムに達したことのある人はこんな感じってわかるけど、未経験の人にはわからないですよね。しかもイク感覚を言葉で表現するのって難しい……筋肉の収縮とか?

喜田さん
オーガズムとは筋肉の収縮のことですが、言葉で伝えるのは難しいですね。イクことのできない女性は、羞恥心が邪魔していることが多いです。女性器を触ることやセックスがいけないことって罪悪感を持っていると、イク前に自分でストップをかけてしまうんです。

西野さん
体が未知の反応をするので、イクことへの恐怖を持っている人が多いのかもしれませんね。興奮の階段を上って行く途中で怖くなってやめてしまう人は、その先へ行く気持ちで進むといいのかも。

金井さん
「セルフプレジャーではイケるのに、男性とのセックスではイケない」って人も聞きますね。気持ちいいポイントをきちんと伝えられていなくて、攻め方が違うのかもしれません。ですがセックスはイクことが絶対ではなく、イチャつくだけでもいいし、出し入れが多少でも気持ちいいならそれで十分。

工藤さん
セックスの楽しみや魅力をオーガズムだけにしてしまってはつまらないですよね。しかも、イクことに集中すると力が入りすぎて逆にイケなくなったりもするから、焦らずに楽しむことが大切ですね。

iroha主催のトークイベントでは、友達には相談できない「性についてのお悩み」を、和やかかつ爽やかに解決してくれました。常識や羞恥心に縛られることなく、女性がもっと大胆にセックスやセルフプレジャーを楽しめる時代がもうすぐやってくることでしょう。

(C)PeopleImages/gettyimages

■ Information

『iroha』

あなたにおすすめ