竹内涼真のブレイクは安田顕のおかげ?「彼が股間を揉む若手は売れる」


10月14日にスタートするTBS連続ドラマ『下町ロケット』(毎週日曜21:00~)の完成披露特別試写会&舞台挨拶が7日、都内で行われ、主演の阿部寛をはじめ、竹内涼真、安田顕、尾上菊之助、真矢ミキ、古舘伊知郎、立川談春が出席。阿部、安田、談春が、前作からの3年間で大ブレイクした竹内について語った。

2015年10月期に放送された『下町ロケット』の続編。池井戸潤の小説「下町ロケット」シリーズの第3弾『下町ロケット ゴースト』と第4弾『下町ロケット ヤタガラス』(小学館刊)を原作に、宇宙から大地へ、主人公・佃航平(阿部寛)率いる佃製作所の新たな戦いを描く。

佃製作所のメンバーである社長・佃航平役の阿部、立花洋介役の竹内、山崎光彦役の安田顕、殿村直弘役の立川談春は前作から続投。竹内は、3年前の前作から大ブレイクを果たし、この新シリーズでは中心メンバーとして活躍する。

竹内のブレイクについて、安田は「3年前からいくんだろうなと思っていましたけど、まさかここまでね。すごいですね、本当に」と感嘆。「“国民の彼氏”って言われていますけど、私は朝『おはよう国民』と言ってます。これからどんどん伸びていただいて、“国民”の次の、もっと大きなあだ名になってほしいですね」とさらなる活躍を期待した。

談春も「あぁ、この人は…。何より素直というか、きっといくんだろうなと思っていたら本当にこんなになって」とブレイクを予想していたそうで、「楽屋が『下町ロケット』は一緒なんですが、俺もしかしてすごいもん見ているんだろうなと。勢いのある竹内涼真を至近距離で見ているっていうのはすごいことなんだろうなと、日に4、5回思いますね」と打ち明けた。

そして阿部も「当時から目の奥に光るものが違った。すごく集中力があって、必ずこの人は伸びてくると思っていました」と確信していたとのこと。「ある日彼に、『お前の集中力はどこからくるんだ?』と質問して、ある本を紹介してもらったんですが、それを読んだら一日中集中力が切れないんだって」と集中力が続く秘訣も聞いたそうで、「非常に努力家」と称賛した。

さらに阿部は「先見の明があるのが安田くんで、当時から彼の股間を揉んでいたんですよ。彼が股間を揉む若手は必ず売れる」と爆笑エピソードを告白。安田は「これからは自分が伸びたいないう方は私に…。股間を触りますので」と呼びかけ、会場から笑いが起こった。

あなたにおすすめ