ヴィクトリアズ・シークレットのショーに初のフィリピン人モデル 「やったわ、フィリピン!!!!!!」

ジゼル・ブンチェンやミランダ・カーら人気モデルを輩出した下着ブランドのヴィクトリアズ・シークレット。毎年、豪華なファッションショーを開催しており、専属モデル「エンジェルス」以外のモデルもオーディションで合格すればランウェイを闊歩することができる。そして今年は、フィリピン出身のケルシー・メリット(22)がフィリピン人として初めてランウェイを歩くことになった。

ヴィクトリアズ・シークレットは人気モデルの登竜門で、モデルの憧れの舞台。このたびそんな大舞台に初めて出演することになったのは、ケルシー・メリットだ。スタイルが抜群なのはもちろんのこと、セクシーで輝く笑顔を持っている。ケルシーは先月、ヴィクトリアズ・シークレットのランウェイに立てることが決まった時に、インスタグラムにこう述べた。

「私たちはやったわ、フィリピン!!!!!! ヴィクトリアズ・シークレットのファッションショー2018を歩くことのできる最初のフィリピン人になれて、なんて光栄なのかしら!!! あー、信じられない!!」と喜びを表し、関係者やファンに感謝の言葉を添えた。

ケルシーはエージェントから「仕事をゲットしたよ」と花束を渡されて驚く動画も公開しており、「世界で最高の気分!!!」と記していた。

そんなケルシーには、イケメン長身スイマーのコナー・ドワイヤー(29)という恋人がいる。コナーはアメリカ代表として2012年のロンドンと2016年のリオデジャネイロのオリンピックに出場し、男子4×200mリレーで金メダルを獲得しているアスリートだ。お互いにインスタグラムでラブラブな写真を投稿しており、今年8月には東京パンパシフィック水泳選手権のため一緒に日本を訪れていた。

とはいえ、ケルシーはフィリピン人と白人のハーフであり、「純粋なフィリピン人ではない」と一部の人から批判を受けることに。ケルシーはフィリピンで生まれて、育ったことをタガログ語で説明し「私は自分の国が大好きで、自分の出身を誇りに思っている」とツイッターに投稿していた。ケルシーは昨年、フィリピンのアテネオ・デ・マニラ大学を卒業している。

人気モデルたちが勢揃いする今年のヴィクトリアズ・シークレットのファッションショーは、ニューヨークで開催される予定。キュートでセクシーな容姿でますます人気がアップしそうなケルシーにも注目だ。



画像は『Kelsey Merritt 2018年9月15日付Instagram「Love the makeup @antheabueno」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 朝倉リリー)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ