ソニン、劇団四季『キャッツ』新劇場公演を体感「アミューズメントパークのよう!」

女優で歌手のソニンが劇団四季のミュージカル『キャッツ』を専用劇場で観劇した。東京・大井町に完成した専用劇場「キャッツ・シアター」で8月11日よりロングラン公演がスタートしており、彼女は初めて専用劇場を体験した感動をSNSで明かしている。

『ソニン Sonim(Sonim_official)ツイッター』で10月4日、「#キャッツ 観てきました!」と劇場前で猫のポーズを真似るソニン。劇場内のセットの凝りように驚き「アミューズメントパークに来た時のような高揚感! 始終アクティブなキャッツキャストに脱帽です」と興奮気味につぶやいた。

さらに、「名曲『メモリー』はやはり良い曲ですね…いつかどこかで歌ってみたい素敵な曲」と女優らしく振り返り、「猫ちゃんを見る目が変わりそう(笑)」とまでいう。

そんな彼女は現在、ミュージカル『マリー・アントワネット』でマルグリット・アルノー役を昆夏美とのダブルキャストで務めているが、『キャッツ』に刺激を受けてますます演技に磨きがかかりそうだ。

画像は『ソニン Sonim 2018年10月4日付Twitter「#キャッツ 観てきました!」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

あなたにおすすめ