滝沢秀明の後継者抜擢は”反ジュリー派鎮圧”が狙いか

※画像はイメージです(StreetVJ / Shutterstock.com より)


果たして真相はどうなっているのか。年内いっぱいで芸能活動から身を引き、以降は所属のジャニーズ事務所でタレント育成やプロデュース業など舞台裏に活躍の場を求めることになった元タッキー&翼のメンバー・滝沢秀明に再び視線が注がれている。同事務所の次期社長と目される藤島ジュリー景子副社長との不仲説が「週刊文春」など一部メディアで報じられたからだ。

しかし滝沢は「週刊新潮」のインタビューで、それらの報道を否定。未だ両者の関係性にはうやむやな感が残るものの、滝沢とデビュー当時から親しい間柄の民放局プロデューサーが「2人は昵懇ではないが、別にギクシャクした仲ではない」とフォローを入れるように強調した。

それではなぜ、滝沢は同事務所の幹部候補生に抜擢されたのか。ちなみに滝沢の”プロデューサー転向”を強力に後押ししたのがジャニー喜多川社長であることは多くの芸能関係者の間で既成事実と化している。こうした流れを踏まえた上で前出の民放局プロデューサーは、こうも明かした。

「ジャニーさんが滝沢を事実上の後継者に推したのはビジネスセンスに長けていることに加え、コミュニケーション能力に優れているから。要するに敵を作らず、うまくやれるゼネラリストタイプということ。だから、どちらかというと我の強いジュリーさんとも滝沢ならばうまくやっていけるとジャニーさんはニラみ、彼女との二頭体制を築き上げていきたいと考えているのです」

ジュリー副社長は複数の同事務所関連会社において社長を兼務するなど強大な権力を握り、ジャニーズ帝国の次期トップに躍り出ることはほぼ確実だ。しかしながら「自分の息のかかっていないタレントや派閥外の幹部、社員をとことん冷遇する」という悪評も事務所内部から聞こえてくる。しかもジュリー副社長は実母で同事務所のナンバー2・メリー喜多川副社長から溺愛され、現在のポストに就いたともっぱらなだけに「親の七光りだけで、のし上がったと断じ、彼女に反発する勢力も実際にある」(事情通)という。

「だからこそジャニーさんはメリーさんが推すジュリーさんとはまた別に滝沢をもう1人の後継者としてプッシュしたのです。ジュリーさんは次期社長と事務所内部で目されて張り切り過ぎているのか、強権的な独裁色を強め過ぎるが余り、所属タレントたちからソッポを向かれつつある。次々とタレントたちが退所や休業するなどといった流れが止まらない現状とジュリーさんの”強権政治”は決して無関係ではないと踏んでいるからなのでしょう。強い危機感を覚えたジャニーさんは実際にタレントだった滝沢をOBとしてトップに据えることで事務所内の風通しを良くし、所属タレントたちと幹部の関係回復に努めようという狙いも実はあるのです」

いわばジャニーズ帝国の牙城を死守する救世主として滝沢は命を受けた格好のようだ。だが本人が強調したようにジュリー副社長との関係は今でこそ問題がなくても少しでも足並みが乱れれば途端に刃を突きつけあう危険性はくすぶっている。「とにかく海千山千」とも言われるジュリー副社長と歩調を合わせることができるのか。まずは滝沢の手腕に注目したい。

著者プロフィール:四海方正
芸能、スポーツをメインに取材活動を続けているライター

あなたにおすすめ