クリスピー・クリーム・ドーナツの24時間営業ドライブスルー 車の大騒音で営業時間を切り上げる(アイルランド)<動画あり>

アメリカの人気ドーナツチェーン店「クリスピー・クリーム」が、イギリスの各地に店舗を設けるようになって久しいが、このほどアイルランドのダブリンにも店舗がオープンした。しかし24時間営業のドライブスルーがグランドオープンを迎えるやいなや、思わぬ現象が起こり、営業時間を切り上げざるを得ない事態となってしまった。『Irish Mirror』『Independent.ie』などが伝えている。

そんなにもドーナツが食べたくて仕方のない人たちがこの地域にはいるのだろうか…そう思ってしまうような現象が、ダブリン西部ブランチャーズタウンにオープンした「クリスピー・クリーム」ドライブスルー店で起こった。

9月26日、ショッピングセンターに隣接してオープンしたこの店舗の近所に住む人々らは、初日以降とんでもない騒音に睡眠を妨害されることになってしまった。車でドーナツを買いに来る人々が長蛇の列をなし、ショッピングセンターの駐車場にはドーナツを求める客の車で溢れ、夜の11時以降に激しいクラクションを鳴らす車が相次いだのである。

中には1時間以上も車内でドーナツが出来上がるのを待ち続けた客もいるようだが、結局列に並んでいなかったと気付くと、混雑したドライブスルー前は混み合った車で騒然となり、車内の客らが夜中であるにもかかわらずクラクションを鳴らし続けるという迷惑極まりない行為に出た。何台もの車が一度に午前2時頃までクラクションを鳴らすことで騒音被害を受け、眠れないという事態に陥った近隣住民らはこのように苦情を訴えた。

「オープンしてからまともに眠れる日がないよ。みんな仕事もあれば子供だっているし、学校にも行かなきゃならない。それにこのエリアには高齢者だって結構住んでいるんだ。ドーナツのためにこんなに並ぶ人がいるなんて信じられないよ。車のヘッドライトや騒音、排気ガス、クラクションの音が毎晩だよ、毎晩。全ての通りがドーナツを買いに来た客の車で埋まっているんだ。」

「ウチのアパートにはショッピングセンター駐車場に面したバルコニーがあるから、そこから聞こえる騒音が部屋の中に響いて、うるさいったらないよ。」

異常なまでのドーナツ騒動にたまりかねた住民らは、Facebookグループアカウントを作成し「渋滞や騒音に対応できないようならば、24時間オープンすべきではない」と店側に早急な対応を求める抗議を行った。これを受けたクリスピー・クリーム側は、10月3日以降のドライブスルーの営業時間を午前6時~午後11時半に切り上げた。なお、店は引き続き24時間オープンしているという。

クリスピー・クリームUK&アイルランドの最高責任経営者であるリチャード・チェシャーさんは、このように述べている。

「我々は、アイルランドのクリスピー・クリームに対する温かい歓迎を期待し、長い間店舗のオープンを望んでいました。しかし、反応は私たちの楽観的な期待を大きく上回るものになったのです。来店して下さるお客様たちの笑顔と喜びは素晴らしく、ドライブスルーは大成功となりました。しかしながら夜遅くの時間帯になると、お客様の中にはクラクションを鳴らす方もいるため、店の周りに住む方々の迷惑になるという事態が発生しました。我々は、住民の意見を聞き入れ対応し、改善することが最も重要だと思っています。それゆえ、営業時間の変更を直ちに行いました。」

この騒音騒動を耳にした地元協議会メンバーのテッド・レディーさんは驚きを隠せないようで、こう話している。

「私自身、店のオープニング時にもいましたが、まさかここまでのドーナツ騒動が起こるとは予想外でした。おそらく誰も予想していなかったことでしょう。」

現在では既に営業時間が切り上がっており、近隣住民らも睡眠妨害をされることなくホッとしていることだろう。しかし今後、別のエリアで新たな店舗がオープンになった際にもこのようなドーナツ騒動が起きなければいいのだが。

画像は『Metro 2018年10月4日付「Krispy Kreme closes 24 hour drive-thru after huge line of beeping cars kept locals awake」(Picture: Newstalk)』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)

あなたにおすすめ