葛城ユキ、錦織の決勝舞台で国歌斉唱

 「ボヘミアン」のヒットで知られる“元祖ワイルドシンガー”葛城ユキ(69)が7日、東京都調布市武蔵野の森総合スポーツプラザで行われた男子テニスの楽天ジャパン・オープン決勝戦で国歌斉唱を務めた。

 世界ランキング12位で第3シードの錦織圭(28=日清食品)と同32位のダニル・メドベージェフ(22=ロシア)の試合前のコートに、黒のショートパンツ、白いテンガロンハット姿で登場。個性的なハスキーボイスで「君が代」を歌い上げ、観客から大きな拍手を浴びていた。

あなたにおすすめ