小瀧望、顔の濃さを相葉雅紀にイジられる「木彫りみたい」


アイドルグループ・ジャニーズWESTの小瀧望が7日、東京・神楽坂の赤城神社で行われたテレビ朝日系ドラマ『僕とシッポと神楽坂』(12日スタート、毎週金曜23:15~ ※一部地域除く)のイベント後に取材に応じ、主演の嵐・相葉雅紀に顔の濃さをイジられた。

東京・神楽坂を舞台で開業する若き獣医師・コオ先生こと高円寺達也(相葉)と、動物や飼い主たちの心温まる交流を描く同ドラマ。イベントで、相葉が「究極の癒やし系ドラマです」と宣言する中、獣医大の学生でアルバイトにやってくる・堀川広樹を演じる小瀧は「とにかく僕のキャラはウザくて、熱くて、前面にやる気が出て、僕がいなければもっとホッとする癒やし系ドラマなんですけど…」と自虐していた。

そんな小瀧は、印象に残っているシーンを聞かれると、「手術シーンですね。学生で直接手を加えることはできないので、数値見たりとか、麻酔を変えましたみたいなセリフだけでしたけど」と回想。相葉と動物看護師役の広末涼子が緑の手術着を着ている一方、小瀧は「シャワーキャップみたいなやつを着けてて、画的には邪魔しちゃうかもしれないですね」といい、相葉に「あれシャワーキャップじゃないから!」とツッコまれた。

小瀧はそのシーンで、帽子をかぶってマスク姿だそうだが、「それでも顔が濃いんですよ。ちょっとバランス悪いかもしれないですね」と心配。相葉に「近くで見ると木彫りみたいな顔してるよね」と、独特の表現で顔の濃さを再確認されていた。

あなたにおすすめ