ジョニー・デップ激白 「ディズニーは僕のジャック・スパロウが嫌いだった」

2003年の映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』から“ジャック・スパロウ”を演じてきたジョニー・デップ。今ではジャック・スパロウといえば、酔っ払いのような話し方でふらふらして歩くイメージが定着しているが、制作したディズニー側はそのキャラクターが大嫌いだったという。

『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』でアカデミー賞主演男優賞にノミネートされたほど評価されたジョニー・デップのジャック・スパロウ。しかし当初、ディズニー側が納得していなかったことをジョニー本人が『ブリティッシュGQ』誌に明かした。

「ディズニーは僕が大嫌いだったよ。どうにか僕をクビにするための方法を考えていたね。『私たちは彼に字幕をつけないといけません』『私たちはキャプテン・ジャック・スパロウを理解できません。彼はどうしたんでしょう?』『彼の腕はどうしたんですか?』『彼は酔っ払っているのですか?』『彼は頭がイカれちゃってるんでしょうか?』」

「彼らはさらに僕に聞いたよ。『(ジャック・スパロウ)はゲイなんですか?』って。僕は電話でその質問に答えたんだ。ディズニーのニーナ・ジェイコブソンっていう女性からだったね。彼女自身もゲイだったんだよ」「彼女はいくつか質問して来たんだ。『あれは何なの、ジョニー? 彼はゲイなの?』 僕はいつものつっけんどんな態度で『ニーナ、僕のキャラクターがみんなゲイだって知らなかったの?』って言ったんだ。かなり突然の会話の終わり方になったね。僕は自分が信じる最高のジャックを演じ続けたよ」と暴露、さらに次のように続けた。

「僕は彼らに言ったんだ。『いいか、もし、僕のやり方が嫌いなら、クビにしてくれ。あなたたちは僕がこの仕事をするために、このキャラクターを演じるために僕を雇ったんだ。僕はこうやりたいんだ』『これが作品なんだ。僕がこれまで演じた作品を見ていないのかい?』『クソ野郎を雇う前に、そいつの過去の作品を見たほうがいいよ』ってね。」

ジョニーはとにかく自分のやり方が正しいと確信していたとのこと。「きっと先輩俳優たちは『なんてことだ、彼は壊れてる』って思っただろうね。だって僕は、現場で台本を破ることもあるから」「もちろん、誰もがそんなやり方を認めていたわけじゃなかったけど」と話している。

ジョニーが自分の意思を通していなかったら、あのジャック・スパロウが誕生することはなかったようだ。ジョニーがアカデミー賞にノミネートされて、一番驚いたのはディズニー側だったのかもしれない。

(TechinsightJapan編集部 朝倉リリー)

あなたにおすすめ