相葉雅紀、神輿担いで汗だくに「思ってるより10倍恥ずかしい」


アイドルグループ・嵐の相葉雅紀が7日、東京・神楽坂の赤城神社で行われたテレビ朝日系主演ドラマ『僕とシッポと神楽坂』(12日スタート、毎週金曜23:15~ ※一部地域除く)のイベントに登場。季節外れの猛暑の中、劇中に登場する犬を抱いたり、縁日を楽しんだり、神輿を担いだりと大忙しで、汗だくになった。

東京・神楽坂を舞台で開業する若き獣医師・コオ先生こと高円寺達也(相葉)と、動物や飼い主たちの心温まる交流を描く同ドラマ。イベントには、病院の看板犬となるダイキチを相葉が、神楽坂の地域猫であるオギを動物看護師・トキワ役の広末涼子が抱いて登場した。

その姿だけでも愛らしいが、相葉は「究極の癒やし系ドラマです」と宣言。たくさんの動物が登場する作品ということで、撮影が予定通り行かなかったこともありそうだが、「大変なことは特になかったですよ。ストレスになるようなこともなかったです」とケロリとした様子だ。

ただ、今年の記録的な猛暑の中で撮影を行っており、広末は「すっごい暑かったよ。相葉くん、すっごい汗かいてたよ」と報告。相葉が「汗はかいたけど大変じゃないですよ。僕はイッセー(尾形)さんのアドリブのほうが大変でした」と振り返ると、広末は「相葉さんは汗かいてもさわやかだからいいんです。代謝いいんだなって見てて、気分も悪くない」と、アイドルの汗に不快感がないことを語っていた。

しかし、この日の東京は、10月ながら午前中から気温30度を超える真夏日に。そんな中で、神社の境内に用意された射的や輪投げをひと通り楽しんだのに加え、ドラマ特製神輿まで担ぎ、相葉は「リアルに重い」と言いながら汗だくになってしまった。

多くの報道陣・関係者の前で神輿を担ぎ終わった相葉は息を切らし、「あの~思ってるより10倍は恥ずかしいっすよ(笑)」と赤面しながら、「でもこんな経験できないんで、せっかく作ってくださってありがとうございます」と感謝。企画盛りだくさんのイベントだったが、相葉は最後に「お神輿とかお祭りのドラマではありません!」と強調した上で、「本当に癒やされるドラマだと思いますので、皆さんぜひ金曜日の夜、見ていただければ思います」と呼びかけた。

10月期からのドラマなのにあんまり汗かいても夏のシーンじゃないのにセーター着たりとか。でも相葉さんは汗かいてもさわやかだからいいんですけど、代謝いいんだなって見てて、気分も悪くない

あなたにおすすめ