Windows10のアップデート、「ユーザーのファイルを勝手に削除してしまう」ため配信停止に

かみあぷ速報

2018/10/7 12:00


恐ろしすぎますよ……。

マイクロソフトは、最近アップデートである「Window 10 October 2018 Update」を10月2日から提供開始しました。

しかし、アップデートするとユーザーのファイルが勝手に削除されてしまうバグが見つかったようで、現在は提供を停止しています。



そのバグというのが、「ユーザーのファイルを勝手に削除してしまう」というもの。

一部のWindows10ユーザーが気づき、マイクロソフトもアップデートの提供を停止。サポートページで症状と回避策を公開しています。

公開されている回避策としては以下のようなものになっており……、

・影響を受けるデバイスの使用を最小限に控える
・問い合わせる


万が一削除されてしまったファイルがある場合、バックアップがない限り復元は難しそうな印象です。



マイクロソフトは問題を修正後、アップデートを再提供すると思われますが、時期は不明です。大きな問題なので時間がかかりそうな気がしますね。

Windows10ユーザーの方はご注意ください。

あなたにおすすめ