井上咲楽“赤坂ミニマラソン”で女性タレント1位、土屋太鳳のイスに座る

10月6日に生放送されたTBS『オールスター感謝祭’18秋』の人気企画“赤坂5丁目ミニマラソン”で、タレントの井上咲楽(19)が大健闘した。今回はトップアスリートゲストにケニアのウィルソン・キプサング・キプロティチ選手を迎え、ハンデによるスタート順は「一般女子」→15秒後に「一般男子」→30秒後に「運動自慢タレント」→40秒後に「マラソンタレント」→3分15秒後に「ウィルソン・キプサング・キプロティチ選手」(「一般女子」スタートからの差は4分40秒)となる。

「一般女子」の井上咲楽は15秒後に「一般男子」、30秒後に「運動自慢タレント」(おばたのお兄さん、なかやまきんに君、ニッチロー’、東国原英夫など)がスタートしながらも1周目を1位で激走、目立とうとスタートダッシュしながら途中でバテるケースかとも思えた。

ところがトップをキープして2週目に入り、そこでおばたのお兄さんに抜かれ2位になった。それでも自分のペースを保ってその後も大きく順位を落とすことなく上位グループにくらいつき、9位でゴールする。優勝したウィルソン・キプサング選手とのタイム差は「1分54秒」で、女性で唯一10位以内に入った。

MCの今田耕司が「咲楽ちゃんが初登場9位! 頑張りましたー!」と紹介して彼女にマイクを向けると、息を整えながら涙目で「心臓破りの坂を上り切ったら売れるって信じて頑張りました」という。

さらに「森脇健児さんに勝ちたかったです」と残念そうに明かすので、今田は井上が腰かけているチェアについて「でも、このイスに座れてるからいいよ。これはね、土屋太鳳ちゃんのイスなんだよ」と教えて励ました。

女優の土屋太鳳(23)は2016年に出場した“赤坂5丁目ミニマラソン”でフラフラになりながら完走、残る力を振り絞って番組宣伝する姿が感動を呼んだ。その時に彼女が座ったイスらしい。

土屋は今回の『オールスター感謝祭’18』からもオファーがあったが、他の仕事が入っており都合がつかなかったという。

井上咲楽は生放送を終えてSNSで「赤坂5丁目ミニマラソンを走ることが本当に憧れだったので今回走らせていただけたことがすごく嬉しくて、必死に走りました!」と振り返り、「走ってみて更に、このマラソンを走ったみなさんすごいなあと尊敬の気持ちでいっぱいです! またリベンジさせていただけるように頑張ります」とコメントしている。次は土屋太鳳と一緒に走るところを見てみたいものだ。

画像は『井上咲楽 2018年10月7日付Instagram「#オールスター感謝祭 衣装は @kemono.japan さん」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

あなたにおすすめ