正しく枕を洗うための、8ステップ


意外に見過ごされがちなのが枕のケア。

定期的に枕カバーを洗うくらいで、枕の中身については普段あまり気にしていないのではないでしょうか? しかし、よくよく考えて見ると、寝汗や頭皮の皮脂汚れ、ヨダレなどが徐々に浸み込んでいるはずですから、定期的なケアは必要です。

家庭情報ブログメディア「Re-Nest」では、枕の正しい洗い方を紹介しています。枕の洗い方は以下の8ステップ。手洗いでも洗濯機を使ってもOKだそうです。
  • ステップ1. 枕カバーなどを外す
  • ステップ2. 熱いお湯を入れる。ぬるま湯や水はNG。お湯の熱にダニを殺す効果がある。
  • ステップ3. 中性洗剤を加える。「ウーライト(Woolite)」がオススメ。
  • ステップ4. 枕を入れる
  • ステップ5. 洗う
  • ステップ6. 何度かすすぐ
  • ステップ7. タオルで水気を取る。羽毛の枕の場合は絞ったりしないこと。
  • ステップ8. 枕を乾かす。乾燥機で乾かすもよし、外につるして乾かすもよし。手で上手に膨らませるとフワフワ感が復活する。

ちなみに注意点としては、まず洗う頻度を年に1回程度にすること。

洗いすぎると枕が硬くなったりするおそれがあるとのこと。

また、羽毛枕は洗うことで羽毛が持つ天然油分が取れてしまう可能性があるそうですので、くれぐれもお気をつけください。

晴れた日に数時間日干しするだけでも、枕が気持ちよくリフレッシュしてくれますよ。これらのコツを参考に枕のケアにも気を配ってみてくださいね。

あわせて読みたい

掃除を効率的に終わらせる、4つの戦略

家の中を見回して、自分が散らかしたものや、長年「大掃除」というものを無視してきたせいで溜まってしまったものを眺めながら、「これはプロの手が必要だ」と...
https://www.lifehacker.jp/2018/06/how-to-clean-your-house.html

片付けのプロが教える、整理整頓できるようになる13の秘訣

あふれかえるモノ。私たちはみんなモノに埋もれています。我が家も、一晩にして書類の山が増殖。クローゼットの扉を開ければ、棚にぎゅうぎゅうに詰め込んだ洋...
https://www.lifehacker.jp/2018/05/167560clean-mylohas.html

Image: Dean Drobot/Shutterstock.com

Source: Re-Nest

Jason Fitzpatrick - Lifehacker US[原文

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ