「この子、大物になる!」と感じる瞬間とは?

アサジョ

2018/10/7 10:14


 日々、塾講師として子どもたちと接していると、「この子は違う。ものすごい可能性をもっている……!」と思わされることがよくあります。「普通の子と、ちょっと違うよね」「いつもよくできるわよね~」とささやかれる子は、一体何が違うのか? 同じように暮らしていても“ここ”で差がついているのです。

■「できる気がする!」とよく言う

お母さんは「うちの子、こんなことばっかり言ってるんです…」と心配しがちですが、どんな(例え、経験がなく知識もない)ことでも「できる気がする!」と大きな声で言える子は、それだけ自分に自信を持って可能性を感じているサイン。お調子者かもしれませんが、その分挑戦して経験を積む幅が広く、すぐに上達します。そのことがさらなる自信につながり、「何をやってもできるようになる」「ぼく(わたし)なら、大丈夫!」といつでも前向きに進めます。

どんなものごとも、成功するためには「できる」(実現する)まで行動するしかありません。チャレンジに積極的に、しかも達成できる自信を伴って取り組める子は、成功を積み上げやすいのです。

■1番にこだわって、いつでも全力

「少しでも失敗したら泣いてしまう」「1番でないと分かると、1番になれるまでやり続ける」ような、そんな粘り強さのある子も、信じるものを実現する力をもっています。1番にこだわるからこそ相手を研究するし、できるまで何度でも練習する。天才肌ではないけれど、どんなこともそつなく(影の努力量は大きいですが)こなす子に多いです。

■「どうしてかな?」と振り返る習慣がある

「どうして負けたんだろう?」「あの時、どうすればよかったの?」と振り返って分析する子も、いつでもよりよくなるための行動を取れる子です。「次はこれをしてみようかな」なんて作戦を立てる子は、自分自身で自分の力を高めていけます。

自分のことを好きで、もっとよくなりたいと思う子は伸びます。「どうせ…」と諦めるのではなく、「どうせなら!」と前に進む習慣を作ることが成功の秘訣。どんな子が伸びるかが分かれば、そのために大人ができるサポートも考えやすくなりますね。

(Nao Kiyota)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ