Perfumeの3人に「人気格差」が生じたのはあの芸人のせい?

アサ芸プラス

2018/10/7 09:58


 女性3人組のテクノポップユニットPerfumeが、ライブで着用した衣装をチャリティオークションに出品。その落札結果からネット上で「人気格差」が指摘されているという。

Perfumeは9月14日に西日本豪雨の被災地支援のため、過去のライブで着用した衣装をチャリティオークションに出品することを発表。第1弾として9月20日~26日の期間に2011年11月に開催した東京ドーム公演で着用したグリーンのドレスを出品。開始価格は1円だったが、「のっち」こと大本彩乃のドレスには610件の入札があり250万1000円で落札。「かしゆか」こと樫野有香のドレスには389件の入札があり200万1000円で落札。「あ~ちゃん」こと西脇綾香のドレスには276件の入札があり150万2000円で落札となった。

「ネット上では『あ~ちゃんかわいそう』『人気格差がモロバレするような企画はやめてあげればいいのに』『あ~ちゃんはサバンナ高橋と年内結婚の噂があるから、この結果はしょうがない』などの意見が飛び交っているようです。3人の落札価格がおよそ50万円ずつ違うところも興味深いですが、何といってもお笑いコンビ、サバンナの高橋茂雄との年内結婚もあり得ると言われているあ~ちゃんが、落札価格、入札数ともに最下位だったことに、改めてPerfumeはアイドル性を求められているんだと感じずにはいられません」(女性誌記者)

今後も続くオークションの入札数と落札価格が気になるばかりだ。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ