交際はゴールじゃないよ?「彼女どまりの人」と「その先にいける人」の違い

ハウコレ

2018/10/6 17:00



どうもあかりです。

よく「資格は手段であって、目的じゃない」みたいな言葉がありますね。資格は、それをとって「やったぞ~」ってピカピカに磨いてそれを部屋で眺めて終わりじゃない。そうじゃなくて、資格を武器にして、何をするかで、「資格を取っただけの人」と「資格をとって幸せを叶えた人」の違いが生まれてきます。

これは交際でも同じことが言えて、「彼女までの人」と「彼女からの人」がいる。

付き合って終わりじゃないですね。付き合って、どうなっていきたいのか。付き合うだけが目標だとしたら、それは「ヤるためだけに付き合う」という悪い男子と根本的には同じです。

交際をゴールじゃなくて、スタートにする。そして交際を踏み台にして、さらにその先にある幸せに手を伸ばす。そんな「彼女からの人」であるために大切な要素を考えてみたいと思います。

私からみなさんに、「彼女」という「武器」の使い方を伝授しましょう。

■■「守ってあげる」
付き合う前の段階で、「私がこの人を守ってあげよう」という気持ちはあまり生まれません。逆に男子も付き合う前から、「この子に守ってもらおう」という気持ちを持つことはあまりありません。

だけど、不思議なことに交際後になると、「守ってあげたい」と彼女は彼氏に対して思うようになるし、「守ってほしい」と彼氏は彼女に対して思うようになる。

付き合う前から「俺が守ってやるよ」と思っていることが多い男子とは、ここが大きく違います。

つまり「彼女」という立場を手に入れたあなたがまず活かすべき武器は、「守ってあげる」という母性を見せること。

これは、「彼女」じゃない他の女子が彼には見せられない武器で、活用すればするほど、彼女としてのあなたの付加価値が高まっていくものです。

だから彼の「弱み」をたくさん握ってください。変な意味じゃなくて。悩みや不安をたくさん聞いて、励ましてあげる。付き合ってからはこういうことを徐々にはじめていきましょう。

■■なんだかんだアレは重要
交際が始まってからの一番大きな違いのひとつは、「エッチがあるかどうか」だと思います。もちろん中には交際前からしているカップルもあるんでしょうけど、基本的にはこうでしょう。

であるとすれば、「彼と彼女としてエッチができる」というのも、やっぱり活かすべき武器なんです。

なんとなく、彼が求めるから応じている。そういう受け身でいるだけじゃ、武器をうまく使いこなせているとは言えなくて、例えばかわいい下着を用意したり、人によっては盛り上げ用のおもちゃを自分から準備したりすることだってあるわけです。

こういうの、付き合っていなかったらただの「変態」としか解釈されないようなんのを全部、「彼氏が好きなんだから当然でしょ」という顔で実践できるというのは、かなりの特権です。活用しなくちゃもったいないな。

■■公言するのも立派な武器
せこいかもしれません。でも、「私は彼と付き合っている」「私が彼の彼女」と周りに対して宣言していくことも、立派な「武器」の使い方です。

「結婚」なんていうのは、この最たる例なわけです。「私は法律上、彼のパートナーっていうお墨付きがあるからよろしくね」って、ただ紙を出して宣言しているだけ。

もちろん戸籍上の記録はあるけど、本質的には「宣言」でしかありません。指輪をつけていない夫婦だって最近ならいくらでもいます。

ただ、「ああ、あの二人はくっついてるんだ」って知るだけで、彼のことを好きだとしても諦める人が大半だろうし、また、周りからそう認知されることで、「ちゃんと付き合っていこう」という自覚と覚悟が二人の間に生まれます。結婚式と同じ効果ですね。

もちろん自慢みたいに言いふらしまくる必要はないけど、「別れたら面倒だしな」という理由から黙ってるということがあるんだとしたら本末転倒。そうやって黙っていることこそが、別れるリスクを高めているかもしれないんですから。

■■「好き」と言えることが何より
最後は一番シンプルで、そして一番強い武器を。

「好き」と彼に堂々と胸を張って言えること。これが間違いなく、一番の武器です。

どれだけ彼のことを好きな女子がほかにいても、「彼女ではない」というだけでこれを伝えることはできないのです(少なくとも彼女のように堂々とは)。

そして「好き」と言えることの嬉しいおまけは、「好き」と言った数だけ、相手もこちらを「俺も好きだよ」と思ってくれることでしょう。この特権を活かせば活かすほど、どんどん二人の仲が深まっていく。この武器を活かさない手はありません。

■■おわりに
告白はされるけど、いつも最後は私が振られる。そういう経験がある人は、ひょっとしたら「彼女までの人」になってしまいがちなのかもしれません。

ぜひ、「彼女」にあぐらをかかず、「彼女」を活用してください。そして、「彼女からの人」になっていってください。(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ