劇場版「ドラゴンボール超」悟空、ベジータ、ブロリーのルーツを描く第2弾予告編公開

アニメハック

2018/10/6 23:00

(C)バードスタジオ/集英社 (C)「2018 ドラゴンボール超」製作委員会
 「ドラゴンボール」シリーズの劇場版最新作「ドラゴンボール超(スーパー) ブロリー」の第2弾予告編映像が公開された。サイヤ人の故郷である惑星ベジータを主な舞台に、下級戦士バーダックの息子カカロット(後の孫悟空)、ベジータ王の子ベジータ、追放されたブロリーら3人の幼いサイヤ人たちが、彼らの父親たちの行動によって、それぞれに大きく異なる運命を歩みだしていくさまが描かれている。同映像は、アメリカ・ニューヨークで開催された「ニューヨークコミコン」のパネルディスカッション内で初公開。世界で最も有名なアリーナであるマディソン・スクエア・ガーデンで上映され、現地のファンを沸かせた。

同作は「宇宙最強の戦闘民族・サイヤ人」をテーマに、2015年7月~18年3月に放送されたテレビアニメ「ドラゴンボール超」の後日譚を描く物語。「力の大会」が終了し、さらなる高みを目指して修行に明け暮れていた悟空とベジータの前に、新たなサイヤ人・ブロリーが現れ、かつて惑星ベジータを消滅させたフリーザをも巻き込んだ壮絶な戦いが巻き起こる。

そのほか、同作の第2弾プレゼント付き前売り券が、11月8日から全国の劇場窓口で発売されることも決定した。10万枚限定のアーケードゲーム「スーパードラゴンボールヒーローズ」用アルティメットレアカード「ブロリー:BR」が付属し、価格は一般1400円、小人900円(税込み)。

「ドラゴンボール超(スーパー) ブロリー」は12月14日から公開。

あなたにおすすめ