「感謝祭」に新伝説 北川景子4分間まばたきせず!1人で成功 どアップに耐える「美人力」にネット大反響

 女優の北川景子(32)が6日、TBS「オールスター感謝祭」(後6・25)に生出演。「4分間まばたきしない」チャレンジに成功した。驚異の“演技力”と4分間のアップに耐えうる顔の美しさに、「北川景子」がツイッターのトレンドに入るなど、SNS上で大反響を呼んだ。

 まばたきをしないでいられる一般の人の平均タイムは27秒。北川、有村架純(25)戸田恵梨香(30)俳優の安田顕(44)の4人が「4分間まばたき我慢リレー」に挑んだ。

 チャレンジ前、北川、有村、戸田は「ドライアイなんです」と声を揃え、安田は「まばたきも忘れるような光景を思い浮かべればいいんじゃないですか」と意気込んだ。

 リレーのため、単純ノルマは1人1分だったが、トップバッターの北川があれよあれよと4分間、表情一つ変えず、まばたきもせず。残り10秒からスタジオ中がカウントダウン。成功直後、北川がまぶたを閉じると、両目から大粒の涙がこぼれた。スタジオは興奮に包まれた。

 途中、コンタクトレンズが飛び出していた北川は「どこまで行けるんだろうと自分でも思って。途中で次の方に渡した方がいいのか、考えていました」と振り返り「4分間、電波を使っていいのかな」と恐縮した。

 有村は「素晴らしすぎました」、戸田は「尊敬します」と感嘆の声を上げた。

 カメラは4分間、北川の顔をアップでとらえ続けた。バナナマンの設楽統(45)も「きれいでした」とウットリ。インターネット上にも「女優魂を見た」「4分間、顔のアップに耐えられる北川景子の美貌が半端なかった」「4分間ノーまばたきも驚きなんですが、4分間フルどアップの衝撃はそれ以上!数年前の土屋太鳳さんの感動に匹敵するオールスター感謝祭の伝説になりそうです」などと大反響を呼んだ。

あなたにおすすめ