三田佳子の息子は4度目の逮捕――「二世タレントが薬物に手を出す」ワケを臨床心理士が考察


 今年9月、三田佳子の息子・高橋祐也が、覚せい剤取締法違反で4度目の逮捕となった。このニュースに、世間は「またか……」「懲りない奴」とため息を漏らし、三田自身も「親としては、もう力及ばずの心境」と、落胆の色が滲むコメントを発表した。

二世タレントの薬物事件は、決して珍しくない。2009年には中村雅俊の息子・中村俊太が、大麻取締法違反で逮捕。また、橋爪功の息子・橋爪遼も17年に覚せい剤取締法違反で逮捕されている。薬物だけでなく、犯罪に手を染めてしまう二世も少なくなく、世間に「二世は道を踏み外しやすい」という漠然としたイメージが広まっているのは事実だろう。当然、真面目に生きている二世も大勢存在するが、二世という立場自体に、“薬物に手を染めてしまう”要因はあるのか。臨床心理士の矢幡洋氏に話を聞いた。

二世が抱える“生きづらさ”の正体


 「親が大物芸能人」という、一般人にはなかなか理解できない特殊な環境で育つ二世。矢幡氏はまず、それが二世にとってどういう状況を生み出すのかについて指摘する。

「基本的に二世は、他人から、『自分個人』を見てもらえるのではなく、『誰それの子ども』としか見てもらえない、また何かを成し遂げても、『個人の実力』を認めてもらえない面があります。普通、人は、経験を積み重ねることにより『自分はこれができる』『これが苦手だ』と確かめていき、アイデンティティを確立していくもので、それが健全な青少年の成長過程なのですが、対して二世は、自分でアイデンティティを形成する前に、他人から『誰それの子ども』と規定されてしまうわけです。そのため『誰も自分個人を見て評価してくれない』という悩みを抱えやすいのではないでしょうか」

“個人として評価されない”とは、つまり「何をしても世間水準で『頑張った』と評価してもらえない」ということだそうだ。

「アイデンティティを形成する思春期の頃から、親を上回るような才能を発揮するなんてことは非常に難しい。そうすると、例えば学校で『誰それの子どもなのに歌がうまくない』『誰それの子どもなのに、国語の朗読に大した表現力がない』など、偉大な親と比較されて、ネガティブな評価をされがちになるんです。本人としては『ほかの人よりはうまくできているはずなのに』と思っても、どこまでいっても“親”と比べられるのは、心に大きなプレッシャーをかけ、ともするとひねくれてしまう可能性もあるかもしれません」

反対に、周囲から「誰それの子ども」としてチヤホヤされ、本人の実力以上に評価されるケースもあるかもしれないという矢幡氏。しかし、やはりどちらかというと、「マイナスに評価され、アイデンティティを形成するルートから外れてしまうことが多いのではないかと思います」と考察を繰り広げる。

「それに二世というのは、周囲から大きな期待をかけられるもの。期待に応えられない、また親との比較でマイナス評価をされてしまうと、二世自身が『親に比べて自分は……』と自己否定をしだし、自己肯定感(自分のあり方を積極的に評価できる感情、自らの価値や存在意義を肯定できる感情)がなかなか得られない、いつまでたっても自己肯定できず、自分が納得できるアイデンティティを確立できない状態に陥ってしまいます」

ここで気になるのが、そうした二世の悩みが、薬物に手を染めるきっかけになるのかという点だ。

「あり得ると思います。というのも彼らは、親と比較されることへのストレスを、大っぴらに発散しにくいんです。仮に、評価の対象になりうるようなポジティブな活動で発散しようにも、うまくいかなければ親の名声に傷をつけかねません。そうすると、人から知られない、評価の対象にならないもの……例えば飲酒や薬物にストレスのはけ口を求める傾向はあるのではないかと思います」

ストレスを“隠れた場所”で発散するのではなく、真正面から親自身にぶつけ、反抗してみる、ひいては、家を出るという解決法はないかと頭をよぎるが、そこでも二世特有のしがらみがありそうだ。

「親には反抗しにくいでしょうね。親から与えられているものが多いことは、二世自身もわかっていることだと思います。例えば、三田さんはかなりの額のお小遣いを渡していたそうですし、また中村さんも『息子を甘やかして育てたつもりはない』といった発言をされていたものの、実際には自分の事務所に入れたり、映画で共演するなどチャンスを与えていました。また、親と比較され続けると、アイデンティティの葛藤の中で、“親と同じ道を歩んで、親と同等以上に認められたい”という気持ちが芽生えやすいものだけに、そのチャンスを与えてくれる親に、直接刃を向けるという心理にはなりにくいのではないでしょうか」

しかし、親が有名であればあるほど、「親を超える」というハードルは高くなるものだ。そうした中で挫折し、ストレスのはけ口を薬物に求めてしまうことは、確かにあるのかもしれない。

「よく二世が問題を起こすと、『親が甘やかしたからだ』と言われがちですが、たとえ親が甘やかしていなくても、先ほど指摘したとおり、周囲が『誰それの子ども』という見方をして、マイナス評価をする、逆に過剰に大事にしすぎること自体が、二世を追い詰めるのです」

矢幡氏の話を聞くと、薬物で逮捕され、親の名前が大々的に報じられることは、生まれた頃から“親”の存在を意識してきた二世の心に、計り知れないダメージを与えることになるのでないか。

「薬物で逮捕された一般の人と、たとえ同じペナルティを科せられたとしても、メンタルへの影響は二世の方が大きいです。親の名声を傷つけてしまったのはもちろん、親が世間に『テレビでは活躍しているけど、子育ては失敗した』などと人格否定までされるわけですから、二世は一般人より、さらに自己否定が強くなると思いますよ」

その逮捕による自己否定が、さらなる非行に走らせることも考えられ、「二世は一度失敗するとほかの人より這い上がるのが難しくなる」と矢幡氏は指摘する。

「二世を『二世としての葛藤』から救うためには……なかなか難しい問題ですね。周囲に親が有名人であることを隠し通すことくらいでしょうか。大物二世ができることとすれば、子どもに『大物二世』としての特別意識をなくさせるために、庶民の暮らしをさせてあげるようにするなどですかね」

近年は、ママタレントが増加し、生まれた時からメディアに登場する二世も大勢いるが、「そうすると、すぐに世間に『誰それの子どもだ』とバレてしまいますから」と矢幡氏は、その危険性を指摘する。

二世タレントが今後、事件を起こした際、安直な批判に走るだけでなく、彼らの“生きづらさ”とは何かを考えてみるべきなのかもしれない。

あなたにおすすめ