運動会で注目度バツグン!SNS映えするお弁当「プロのマル秘テク」大公開

It Mama

2018/10/6 21:30

運動会弁当
photo by author
出典: It Mama(イットママ)

10月に入り、運動会や遠足などお弁当を作る機会が多くなるこの季節。

お弁当を楽しみにしているわが子に喜んでほしい気持ちがある反面、ママにとっては大変なお弁当作り……。

そこで今回は管理栄養士であり2歳の娘を持つママでもある筆者が、自らのお弁当作りの経験も踏まえ、重箱弁当や大人数のお弁当のキレイに見える詰め方やオススメ食材、便利なアイテムをご紹介します。


 

キレイに見える詰め方のポイントは3つ!


コツさえつかめば忙しい朝も慌てずに済みますよ。

ポイント(1)お弁当の完成イメージ画の「お品書き」を描く


筆者がいつもお弁当作りをする前にしておくことは、野菜のおかず・メインのおかず・ご飯もの・デザート……という項目に分けて“お品書き”を書くことです。

そしてこの時にどんなお弁当にするかのイメージを具体的な絵にするとお弁当作りがスムーズにいきます。

ポイント(2)彩りは「赤と緑」を意識して


そして2つ目のポイントは“彩り”です。

彩りは基本的には野菜と果物から考えます。その中でも絶対外せないのは「赤」と「緑」なんです。

季節ごとに旬の食材の中から、これらの色にあてはまるものを選びます。

赤・・・ミニトマト、パプリカ、いちご、さくらんぼ、りんご など

緑・・・プロッコリー、アスパラ、きゅうり、レタス、ほうれん草、小松菜、ピーマン、アボカド など

他にも黄色(さつまいも、かぼちゃ、パプリカ、黄色いミニトマト、人参 など)を入れると更に華やかになりますよ。

ポイント(3)詰める順番は奥から手前


詰めるときは、まずお弁当の向き(どこが正面か)を決め、大きいおかずや形があって硬いおかず→小さいおかずの順に奥から手前に詰めていきます。

大きなおかずを詰めた隙間に小さなおかずを詰めるとバランスが取りやすく、詰めやすいです。

彩りになる野菜は一か所に詰めるのではなく、バランスよく散らして詰めるのがポイントです。

詰めるときは下の写真のようなイメージで詰めて行くと立体的に華やかに見えますよ♪

キレイに見えるお弁当の詰め方
photo by author
出典: It Mama(イットママ)
お弁当の詰め方
photo by author
出典: It Mama(イットママ)


今回筆者が作った娘の運動会弁当は、上記のように対角線で区切るような形でおかずを詰めています。

また、おにぎりなどのご飯ものは、大きさを揃えて作り、きれいに並べて詰めるとキレイに見えます。

重箱弁当など、重ねて持っていくお弁当は、下段に重いものを入れたほうがお弁当が安定するため、下段におにぎりなどご飯もの、上段におかずを詰めるようにしましょう。

お弁当が華やかになる!おすすめ食材3選

運動会弁当
photo by author
出典: It Mama(イットママ)

(1)一番のおすすめは、カラフルな「ミニトマト」

手軽に手に入るうえに、最近ではカラフルでかわいい品種がたくさん出ていますね。

ヘタの部分の茎だけを残して残りを切り取って作る「りんご」やナイフで細かく一周切り込みを入れて半分にした「チューリップ型」などアレンジ方法も沢山あるので飽きずに使える食材です。

(2)様々な味付けで楽しめる「ゆで卵」

塩味や醤油味、カレー味など、前日から漬けておいたゆで卵は簡単で美味しいおかずになります。

そして鮮やかな黄身の色でお弁当がぐっと華やかになりますよ。

お弁当といえば卵焼きですが、ぜひゆで卵もおかずの仲間入りさせてみてください。

(3)秋のおすすめ食材「さつまいも」

旬の食材は、お弁当の“季節感”を出すにはもってこいです。

さつまいもの鮮やかな紫色の皮と、きれいな黄色のコントラストはお弁当箱の中でとてもよく映えます。

レモン煮にしたり、りんごと一緒に甘く煮たり、大学芋にしたりと調理の幅も広いですし、箸休めにもぴったりです。

100円ショップでも購入可能!大きなお弁当作りに便利なアイテム4選


(1)ピック
お弁当便利アイテム
photo by author
出典: It Mama(イットママ)

大きなお弁当箱の場合は、写真のような長めのピックもおすすめ。

お箸やフォークがなくても手軽に食べられるので、大人数のお弁当にぴったり。

(2)ワックスペーパー
お弁当便利アイテム
photo by author
出典: It Mama(イットママ)

水分の多いものには向きませんが、おにぎりがくっつくのを防いだり、油分の多いものを詰めるときに便利です。

かわいい柄のものがたくさん売っているので、お好みのものを使ってお弁当を華やかにできますね。

(3)クッキングシート
お弁当便利アイテム
photo by author
出典: It Mama(イットママ)

通常のお弁当作りではあまり馴染みがないかもしれませんが、重箱など大きなお弁当作りでは、仕切りとして大活躍。

油分の多いもの、また水分にも強いのでおかずを詰めるときの仕切りにとっても便利です。

サイズが大きい事と、アルミホイルのように目立たないのでどんなお弁当でも使いやすいアイテムです。

(4)プラスチックケース
お弁当便利アイテム
photo by author
出典: It Mama(イットママ)

写真のようなプラスチック製のケースは、マヨネーズ系のサラダや水分があるおかずを詰めるのにとても便利です。

他にも、紙コップをカットしておかずを詰めるのもおすすめです。

詰めるのが難しいと思われがちな大きなお弁当もちょっとした工夫をすることで、キレイで華やかに変身します。

蓋を開けたとき「わ~!」と歓声が聞こえてくる素敵なお弁当を作って、お子さまやご家族を喜ばせちゃいましょう。

(2017年10月05日の記事を再掲載しています)

【画像】
※ すべて著者撮影

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ