2歳児、両親が貯めていた12万円をシュレッダーにかける(米)

どんな書類でも細かく刻んで処理してくれる万能な電動シュレッダー。しかし2歳の子供には、シュレッダーにかけてはいけないものといいものの区別が当然つくはずもなく、このほど両親が貯めていた1,000ドル以上をシュレッダーにかけ、お札は無残にもただの紙屑になってしまった。『PEOPLE.com』『Good4Utah』などが伝えた。

両親を驚愕させたのは、米ユタ州ソルトレイク郡ホラデイに住むレオ・ベルナップ君(2歳)だ。レオ君は普段から、母ジャッキーさんがジャンクメールなどをシュレッダーにかけるのを一緒に手伝うことがあったそうだ。ジャッキーさん曰く、シュレッダーの使用後はいつもスイッチを切っておくのだが、レオ君はいつの間にか操作方法を覚えてしまっていたようだ。

ユタ州大学のサッカーチーム「Utah Utes(ユタ・ユーテス)」の熱狂的なファンであるレオ君の父ベンさんは、自身の両親からこのチームのシーズンチケットを貰ったが、代金を両親に返してあげようとジャッキーさんと一緒にコツコツとお金を貯めてきた。そして両親に、感謝を込めてギフトとして贈ろうと封筒に1,060ドル(約12万円)を入れて置いておいたのだが、9月30日に家の中からその封筒が忽然と消えたのである。

2人は必死になって家の中を探した。家具の後ろや隙間、もしくはカーペットの下に入り込んでいないかなどあらゆる場所を探したが見つからなかった。消えたお金の行方について考えも尽きそうになった頃、ジャッキーさんが「もしや…」とシュレッダーに目を向けた。

予想したくなかったであろう悪夢が事実となってしまった。シュレッダーには、細かく切り刻まれた1,060ドルが紙屑となって入っていたのだ。「お金は、この中よ…」と妻から悲痛な面持ちで言われ、シュレッダーの中を見たベンさんは思わずのけぞりそうになった。

「子供が壁にイタズラで落書きしたとか、そういう話は聞いたことがありますが、1,000ドルものお金をシュレッダーにかけたなんて耳にしたことありません。もう驚きとショックが大きすぎて…。でも、『いつか笑い話にできると思わないことにはやってられないよね』と妻と2人で笑うしかありませんでした。」

ベンさんとジャッキーさんが米財務省に問い合わせたところ、切り刻まれた紙幣を提出すれば、全額もしくは一部のみ元通りの紙幣と交換することは不可能ではないと伝えられたそうだ。ただしその処理には、長くて2年かかるという。

可愛い盛りの2歳のレオ君の子育てを楽しむジャッキーさんとベンさんは、次から次へと予想外の行動をして驚かせる、まるでビックリ箱のようなベン君に何日も笑わせられることもあるそうだが「今回の件は今まで以上のビッグ・ジョークです」と話している。成長した時にこの話を両親から聞かされたレオ君がどんな反応をするのか、それを想像するのもまた親にとっては楽しみのひとつに違いない。

画像は『BB(Benbelnap) 2018年10月2日付Twitter「So me and my wife had been saving up to pay for our @Utah_Football tickets in cash.」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ