今井絵理子は『血税1億円』を使って犯罪者の恋人を養う意向か?

まいじつ

2018/10/6 21:00


(C)Dmitri Ma / Shutterstock

自民党の今井絵理子参議院議員が、自身のブログで元神戸市議会議員の橋本健氏との交際を宣言したことが波紋を広げている。

10月3日発売の『週刊新潮』に交際が続いていたことが報じられた直後に、今井議員はブログで、

《現在、私今井絵理子は元神戸市会議員の橋本健さんとお付き合いさせていただいております。昨年末に橋本さんの離婚が成立をしたとのご報告や、事件についての説明と謝罪など、年明けから連絡を取り合っておりました。交際についてはさまざまなご批判等あるかと思いますが、それらはすべて覚悟しております》

と交際を宣言。さらに『週刊新潮』が“略奪愛”と報じたことに対して、「略奪愛ではない」「夫婦関係が破綻しており離婚調停中であると聞いてました」などと反論した。

しかし、今井議員のツイッターには、

《早く辞職して下さい。ニュースで見るたび不愉快極まりないです》
《自分を戒めることもできない人間に国は任せられません》
《お前さぁ、別に誰と付き合ってもいいけど、詐欺野郎と付き合っていくなら議員を辞めたら?》
《相手方の奥さんへの謝罪をしてください。人としての筋を通してほしい。議員? ふざけてると思います》

などといった批判コメントが並び、炎上状態になっている。

というのも、お相手の橋本氏は、政務活動費約690万円を騙し取ったとして詐欺罪に問われ、現在公判中。初公判では起訴内容を認めている。この点についても今井議員は、

《橋本さんにはこれから事件の判決が下ります。犯してしまった罪は心から償い、もう二度とこのようなことを起こさないように、再起に向けて歩みを進めてほしいと思います》

と、フォローするような言葉をつづっているのだ。

ブログ更新のたびに炎上が広がる


さらにその後、今井議員は『ソーシャルファームって知っていますか?』のタイトルでブログを更新。先日、京都で開催されたフォーラムでの講演を報告し、

《一般企業でなかなか働けない、採用されないといった働きづらさを抱える人たちに、生きがいを持って働ける場所を提供するための『仕事づくり』をする事業のこと》

などと説明していた。

しかし今井議員の活動報告には、

《こんなことしてないで公の場に出てこいよ! 今さら貴方の活動報告なんて誰も関心ないんだよ》
《ブログ更新しなくていいから、早く辞職報告をしてください》
《逆撫でするような更新はお辞めになったらいかがですか? 大半の方は辞職という更新を待ってると思います》

などと批判の嵐。スポーツ紙の報道によれば、今井議員の行動に自民党内では呆れた声が大半だという。

今井議員の任期はあと4年。およそ1億円以上の税金が彼女に対して使われることになるが、任期中に橋本氏と結婚して夫婦となれば財布は一緒。騙し取った金の賠償を、われわれが負担することにもなるわけだ。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ