BONNIE PINK、ゆかな、カノンも出演 4年目の『テイルズ オブ オーケストラコンサート2018』で作品の周年をお祝い

SPICE

2018/10/6 20:53


2018年10月6日(土) パシフィコ横浜 国立大ホールにて、『テイルズ オブ オーケストラコンサート2018』が行われた。今年で4年目の開催となる本コンサートは「テイルズ オブ シンフォニア」15周年、「テイルズ オブ シンフォニア -ラタトスクの騎士-」「テイルズ オブ ヴェスペリア」「テイルズ オブ ハーツ」の3シリーズの10周年を記念し、数々の名シーンと共に今回も栗田博文の指揮の元、東京フィルハーモニー交響楽団の迫力のある演奏でオーディエンスに贅沢なひとときを届けた。

「譜歌~song by Tear~」では、「テイルズ オブ ジ ビアス」ティア・ グランツ役の声優も担当しているゆかながレコーディング以来初の生歌歌唱で会場を沸かせ、オーディエンスは貴重な時間を堪能。


第2部では『テイルズ オブ』シリーズの作品に携わってきた作曲者である桜庭統が登壇。作品の世界観の象徴とも言えるマップメドレーの秘話を聞くことができ、『テイルズ オブ』シリーズは本人にとっても “人生を変える作品となった”と語った。


また「テイルズ オブ ヴェスペリア」10周年を記念し、2015年初開催時も出演したBONNIE PINKも登場。迫力のあるオーケストラをバックに「テイルズ オブ ヴェスペリア」のテーマソング「鐘を鳴らして」を歌い上げ、歌唱後のMCでは、『テイルズ オブ』シリーズと同級生と語り、会場は優しい雰囲気に包まれた。


アンコールではシークレットゲストとしてカノンが「テイルズ オブ レジェンディア」楽曲「鳥は鳴き、僕は歌う」をサプライズ歌唱。観客は大いに盛り上がり、約2時間にわたるオーケストラコンサートも鳴り止まない拍手の中、大盛況で幕を閉じた。


来年の開催5年目もすでに待ち遠しくなるような感動の雰囲気に包まれ、『テイルズ オブ』シリーズ周年タイトルを盛り上げる貴重なコンサートとなった。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ