定期的にヤルと下の老化改善! ベッドで「超絶気持ちいい」方法

ananweb

2018/10/6 20:10

女性のためのセルフプレジャーアイテムのブランド『iroha(イロハ)』が “女性の性” や “女性器” についてせきららに語り合う斬新なトークイベント「快楽解体新書」を開催しました。あまり話題にされていないデリケートゾーンについて話してくれたのは、恋愛メディア『AM(アム)』編集長・金井茉利絵さん、『なおえビューティークリニック』の院長・喜田直江先生、『iroha』広報・西野芙美さん&工藤まおりさんの4人です。アラサー世代が知っておかなきゃいけない “膣の老化” と “男性が興奮する子宮!?” とは?
写真・角戸菜摘 文・色葉みみ

■ セルフプレジャーアイテム『iroha』主催のトークイベント「快楽解体新書」とは?

右から、『iroha』広報・工藤まおりさん、恋愛メディア『AM(アム)』編集長・金井さん、『なおえビューティークリニック』の院長・喜田直江先生、『iroha』広報・西野芙美さん。

先端の柔らかな玉飾りが特徴の新製品『iroha RIN』の発売を記念して、9月26日に代官山『晴れたら空に豆まいて』にて、トークイベント『iroha RIN発売記念 快楽解体新書~女性の身体のナカとソト~』 が開催されました。肉眼では見ることのできない膣や子宮など、女性器の意外と知られていない真実とは?

■ 顔がたるんだと思ったら膣もたるんでいる!?

■ そもそも膣って老化するの?


工藤さん
最近「膣トレ」って言葉をよく耳にするけど、実際に膣って老化するんですか?

喜田さん
みなさんあまり知らないんですけど、膣も老化します。顔の場合は毎日鏡を見ているから「老けたな」とか「たるんできたな」って気づくことができるのに対し、膣は見えない場所なので老化の変化に気づきにくいんです。30歳を超えたあたりから老化が始まるので、
「顔の老化と膣の老化はセット」
と覚えてください。さらに40歳を越すと弾力や膣内のザラザラとしたヒダがなくなります。何もケアしていない場合は、閉経して女性ホルモンが減った時に老化が進行し、膣内が硬くなったり乾燥してしまう人が多いんです。

工藤さん
膣の老化を相談に来る患者さんがいるんですか?

喜田さん
老化に気づいていないまま、性交渉の痛みを相談にいらっしゃる方がいます。日本人は30代~40代の出産後や子育て中にセックスレスになる人が多いんです。膣内は見えないので、セックスレスだった20年間で変化していることに気づけない。そして、
50代くらいから性交渉を再開しようとした時には、もう膣内が硬くなっていて「痛くてできない」状態になっているんです。
そうなってからだと治療に時間がかかってしまうので、年齢を重ねると膣も老化するってことを知っておいて欲しいです。

工藤さん
膣の老化を防ぐためには、どんなことをしたらいいんですか?

喜田さん
60代でも膣内がふっくらして潤っている方もいて、聞いてみると定期的に性交渉をしているんです。だからといって、ご本人が求めていないのに性交渉をおすすめすることはできないのですが、膣内が乾燥するとかゆみが出たり、自浄作用が弱まって感染症にかかりやすいので注意が必要です。
毎日でも週1回でもいいので、ご自身で触って変化を感じ、ケアすることが大切です。

工藤さん
出産後の膣はどうなるんですか?

喜田さん
出産時に膣が極限まで伸びるので、産後戻るとはいえ元の状態には戻りません。またその時に筋肉が傷めつけられるので、筋肉が断裂してしまっている場合は膣圧(ちつあつ)つまり締める力が弱くなるんです。年齢は関係なく、20代でも出産している方は膣圧が弱くなってしまい、尿もれの原因にもなります。
膣圧は手術で戻すことができないので、自分で鍛えるしかないんです。
出産後の方は、お医者さんの了承を得てから筋トレを始めてくださいね。

■ 膣の筋トレとは?


西野さん
私は会議中に眠くなったら、膣に力を入れて筋トレしています(笑)。地味に疲れるし、眠気も飛ぶんです。自分で締めたり緩めているだけだから、会社とか電車の中とか、どこで筋トレしていても絶対に周りの人にバレなくてオススメです。

工藤さん
膣に力を入れるのって、どうやったらいいのかわからない……。

喜田さん
「膣を締めて」と言っても、締め方がわからない人が多いんですよ。
感覚をつかめるまでは、何かを膣に挿入してから力を入れてみてください。
有名な筋トレに、トイレに行った際に尿を止めて筋肉を収縮させたまま3秒間キープし、その後力を抜いて3秒間リラックスする運動を10回ほど繰り返す、ケーゲル体操というのもあります。今は膣用のバーベルが売っていたり、クリニックでは座っているだけで磁気の力で筋肉を収縮させる機械もあるので、自己での筋トレが苦手な方は取り入れるといいかもしれません。

工藤さん
棒状の物を入れて筋トレするなら『iroha RIN』が役立ちそうですね。膣トレは筋トレの一種だから続けるのが大変そうだけど、セルフプレジャーのついでにやるなら気持ちよく続けられそう(笑)。

■ 男性は子宮や膣に興奮する!?


金井さん
女性にとっては生理や出産のイメージである子宮や膣ですが、男性のアダルト漫画には、子宮や膣のイラストが出てきたりするんですよね。膣の奥まで入っていたり、子宮がヒクヒクしている様子が細かく描かれていたり……女性と男性の性に対するギャップだと思います。

西野さん
たしかに、子宮を突き上げているイラストをよく見ますよね(笑)。男性にとって子宮や膣はエロの一部ってことですね。そもそも、子宮って気持ちいいんですか?

喜田さん
子宮内部は広くできているので男性器との接触が弱く、あまり感じません。そして出産するために膣の感覚は鈍くできているので、
刺激をするなら膣の手前の上の壁。
Gスポットと呼ばれている部分ですね。人によって気持ちいい場所が違うので、自分で見つけて男性に伝えるしかないんです。

西野さん
気持ちいいポイントを男性に伝えるのって勇気がいりますよね。

金井さん
『AM(アム)』の読者でも悩んでいる人が多いんです。でも人って、ちょっとしたお願い事をされるのが嬉しい生き物なので、「もっとしてほしい」って素直に伝えるのが一番。
かわいく言うことは大切だけど、中途半端な依頼ではなく具体的に伝えましょう。
具体的にお願いすればやる気も出るし、意外と喜んでくれますよ。

西野さん
男性へ具体的に伝えるためにも、セルフプレジャーで自分の気持ちいいポイントをきちんと把握することが大切ですね。

■ 自分の体を理解してケアすることが大切

30歳を越した頃から、顔だけでなく膣も老化するので、セルフケアするように心がけましょう。男性のためにするイメージの強い膣トレですが、潤って引き締まった膣を維持することで、健康面だけではなく、女性自身も気持ちよくなれそうです。そして自分の気持ちいいポイントを知るために、セルフプレジャーアイテムの「iroha」を役立てるといいかもしれません。

(C)nd3000/gettyimages

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ