米国で大好評のドラマが日本上陸!エイミー・アダムスら映画界の実力派がミステリーに挑む

Movie Walker

2018/10/6 20:00

昨年度エミー賞やゴールデン・グローブ賞を総なめにした大ヒット海外ドラマ「ビッグ・リトル・ライズ」などで知られる米国HBOによる最新ミステリー・ドラマ『KIZU-傷-』が10月15日(月)より日本で初放送される。本作はBS10スターチャンネルでの独占放送となり、この初放送を記念して、 テレビシリーズ初主演を果たしたエイミー・アダムズの出演作品特集も決定した。

『ゴーン・ガール』(14)の原作者ギリアン・フリンのデビュー作で、英国推理作家協会(CWA)の、最優秀スリラー賞、 最優秀新人賞の2部門を受賞したベストセラー小説「KIZU-傷-」を完全ドラマ化した本作。

南部特有の閉鎖的な文化と過干渉の母親の元で育った影響で、 幼少期から心に深い傷を負い、 アルコールに救いを求め、 世間から距離をおいた生活を送る新聞記者カミール・プリーカー(エイミー・アダムス)は、 精神科の病院から退院し職場復帰してすぐ、 故郷の小さな町で起きた残忍な連続少女殺人事件の取材を任される。 渋々田舎に帰り、 事件を追っていくうちに母との長年の確執や自らの忌まわしい過去のトラウマがよみがえり、 自身と葛藤しながら事件の真相を追っていく。

主演のエイミー・アダムスは、 過去5度のアカデミー賞ノミネートを誇る実力派。監督には「ビッグ・リトル・ライズ」のジャン=マルク・ヴァレ、 そして製作総指揮には『ゲット・アウト』(17)も手掛けたプロデューサー、ジェイソン・ブラムを起用しており、 キャストとスタッフともに映画界で活躍する最強の布陣で製作されたミステリードラマとなっている。

ドラマ放送を記念したエイミー・アダムス特集放送のラインナップは、『ジュリー&ジュリア』(09)、 『メッセージ』(16)、『ジャスティス・リーグ』(17)の全3作品。作品ごとに印象の異なるエイミーの姿を楽しむことができる。

夏に放送が開始した米国では本作が大好評で、 批評サイトRotten Tomatoesでは93%のハイスコアを獲得。映画ファンも注目したいテレビドラマの日本上陸を、要チェック!(Movie Walker・文/編集部)

https://news.walkerplus.com/article/164225/

あなたにおすすめ