これ売ってください。Apple本社を8万5000ピースのLEGOで再現!

181005_apple_park_lego
Image: Flickr

こいつはグレートですよ…。

すでに何度か新製品発表イベントも開催されている、Apple(アップル)の新本社こと「Apple Park」。こちら2017年から使われています。宇宙都市のような円形の社屋が印象的なこの施設ですが、なんと海外では8万5000ピースのレゴを使ってApple Parkを再現した人が現れたのです!

今回のレゴ作品を公開したのは、FlickrアカウントのSpencer_R。彼はApple Parkのドローンの空撮動画(Appleファンにとってはおなじみの動画シリーズ。最近はセキリティが厳しくなってできなくなった)を見て、このレゴ作品の製作を思いついたそうです。

Looking South West

実際の作品は1/650スケールで、製作には2年がかかっています。その精密さは画像を見てもわかる通りで、なんと内部には1,647本のレゴの木が植えられているそうです。

Apple "Spaceship" Campus

本社建物「SpaceShip」。

Entrance to the Steve Jobs Theater

新製品発表で使われるオーディトリウム「Steve Jobs Theater」。

Main Cafeteria

最近ティム・クックのツイートで話題になった、SpaceShipにある「カフェテリア」。大きな窓まで再現されています。

Apple Park Visitor Center

一般の人も入れる「Apple Park Visitor Center」。

そのほか、細かな開発棟や、駐車場、トンネル、小道などが正確に作り込まれており、見ているだけでも飽きません。その他のカットはこちらからどうぞ。

Pods

そしてもっとも注目すべきは、本社の内装「Pod」も再現されていること。Podとは、Appleの従業員が業務を行なう小部屋のことで、The Wall Street Journalなどのレポートで存在が明らかになっていました。小部屋を区切るガラスに社員が激突するというニュースでもおなじみですね。

正直このLEGO、めちゃくちゃマニアックですよ。私はまだApple新本社を訪れたことはないのですが、このレゴでいつか招待される日のために予習しておこうと思います。

Source: Flickr via 9to5Mac

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ