平成最後のモーターフェスはバブリーな美女とクルマが織り成す異空間に潜入

しらべぇ

2018/10/6 19:30


(©ニュースサイトしらべぇ)

6日、お台場で東京モーターフェス2018が開催。バブリー美女が闊歩しているとの噂を聞いて、しらべぇ編集部も駆けつけた。

■昭和を感じるバブリー美女がいっぱい


(©ニュースサイトしらべぇ)

ジリジリと10月だというのに夏の日差しに照りつけられながら訪れた会場には、確かにバブリー美女が。

(©ニュースサイトしらべぇ)

肩パッドりジャケットに、ジュリ扇。そしてがっつりメイク。最近では、平野ノラしか見ないようなファッションに身を包んでいる。

(©ニュースサイトしらべぇ)

だが、かわいい。昭和ガールでありながら、今でも受け入れられやすいファッションに改良している。

■昭和ガールが目の保養


(©ニュースサイトしらべぇ)

髪型もまた、昭和チック。母親のアルバムを覗いているような風景が広がる。異空間だ。

(©ニュースサイトしらべぇ)

昭和最後のモーターフェス2018だからこその、昭和を感じさせる「バック to the バブル!」企画。80年代から90年代に発売されたクルマも勢揃い。

(©ニュースサイトしらべぇ)

しかし、マブい女性がいっぱいで楽しくなるイベントである。

■ジュリ扇もカラフルで飽きない


(©ニュースサイトしらべぇ)

黄色、赤色、緑色、実に様々な色のジュリ扇が会場で揺れている。

(©ニュースサイトしらべぇ)

コンパニオンの皆さんも、もちろんジュリ扇は使い慣れていない。ポーズをお願いすると、どうやって使おうと困っていたが、それがまたかわいい。

(©ニュースサイトしらべぇ)

いろんなジュリ扇ポーズを決めてもらおう。

■美女だけでなくクルマも楽しもう


(©ニュースサイトしらべぇ)

会場に揃えられたクルマには、来歴が記されたメモが用意されている。

(©ニュースサイトしらべぇ)

例えクルマに詳しくなくとも、そこにある車が「スバルの歴史に欠かせない存在のレガシィ」や、「豊田創立50周年を記念した8代目クラウン」だと知ることができる。有り難みが出てくる貴重なクルマたちだ。

(©ニュースサイトしらべぇ)

美女にクルマに囲まれて、昭和のバブリーな熱量を楽しめる。

■暑さにやられたらMEGAWEBで涼もう


(©ニュースサイトしらべぇ)

秋だが、太陽はまるで真夏だ。特設会場はどこも日陰がほとんどない。もし、ヘバってしまいそうになったら、MEGA WEBに逃げ込んではどうだろう。

(©ニュースサイトしらべぇ)

今なら高度経済成長期のクルマたちが展示。冷房も利いているので涼むのにはピッタリ。自販機もあるので、水分補給も忘れないように。

(©ニュースサイトしらべぇ)

この三連休、とことん美女とクルマのバブリー体験を楽しむのはアリかも。

・合わせて読みたい→東京モーターショー2017で絶対に見るべき「コンセプトカー」5選

(取材・文/しらべぇ編集部・モトタキ

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ