カルディで人気!「マッスンブ 柚子茶」のアレンジ術3選

ママテナ

2018/10/6 18:00

「マッスンブ 柚子茶」って何?


「マッスンブ 柚子茶」は、その名の通り「ゆず茶」のこと。この商品は大きめのゆずピールが特徴で、「甘みと酸味のバランスがいい!」と好評を得ており、カルディの定番人気商品としても知られています。

「マッスンブ 柚子茶」は、まるでジャムのようなゼリー状になっているので、バランスのとれた味もさることながら、その“使い勝手のよさ”も人気の理由のひとつ。今回は、そんな「マッスンブ 柚子茶」のアレンジ術を3つ紹介します。

「マッスンブ 柚子茶」は、お好みの量をお湯でといて飲むというのが、本来の使い方。もちろん、それでも十分おいしいのですが、お湯以外の飲み物にも合うんです。紅茶や牛乳、炭酸水など種類や温・冷問わず使えるので、お気に入りの組み合わせを探してみるのも楽しそう!

先述の通り、「マッスンブ 柚子茶」はジャムのようにプルプルとしています。そのため、トーストに塗ったり、ヨーグルトにかけたりする人も多いようです。もう秋になってしまいましたが、かき氷のシロップ代わりにしてもいいし、バニラアイスにかけるのもおすすめ! ゆずのジャムって、ありそうで意外とないもの。いつもの朝食に飽きたら、「マッスンブ 柚子茶」で“味変”してみてはいかが?

今や一般的なことかもしれませんが、「鶏の照り焼き」を作る時など、マーマレードを入れる人もいますよね。もちろん、それは「マッスンブ 柚子茶」でもOK。はじめから甘みがあるから余分な砂糖を使わなくて済むし、キレイな照りを付けることもできます。「照り焼き」のほかに、オリーブオイルやニンニク、たまねぎなどを混ぜ合わせて「ドレッシング」にするのも◎。ゆずの爽やかさが、料理をサッパリとした印象にしてくれますよ。

今回紹介したもの以外にも、まだまだアレンジ術はたくさん。「マッスンブ 柚子茶」はそもそも味自体が色んなものとの相性がよく、また固体でも液体でもなくゼリー状なので、使いやすいんですよね。大きなビンに580gも入って、税込548円とコスパもいいので、ぜひ試してみて!
(文・三軒茶屋すみ子/考務店)

あなたにおすすめ