秋の健康的な過ごし方! 「秋バテ」を解消の為の3つのポイントとは?

美beaute

2018/10/6 20:00


秋バテには2種類! あなたの秋の不調はどちらのタイプ?



秋の健康的な過ごし方!秋バテを吹き飛ばす3つのポイント!

秋バテは大きく分けて2種類の原因からなるタイプに分けられます。

【あなたの秋バテはどんなタイプ?】
<冷房冷えタイプ>
冷房に効いた室内で長時間過ごしたため身体が冷え、外の気温との差で自律神経のバランスを乱してしまい秋に不調を訴えるタイプ。

<内臓冷えタイプ>
夏の間、冷たいものの取りすぎで内臓冷えを起こしてしまっているタイプ。

どちらのタイプも、身体を冷やしすぎてしまったことで全身の血のめぐりが悪くなり、秋バテが引き起こされています 。秋バテの主な要因は、血行が悪くなり全身が冷えてしまったことによるもので、胃腸の不調やむくみ、手足や内臓の冷えなどの症状として出るようです。

更に、台風シーズンでもあり気圧の変動が激しく、寒暖差が原因で自律神経のバランスが乱れることにより「からだが重く、だるくて疲れが取れない」「寝つきが悪く、朝すっきり起きられない」「元気がでない」などの症状も同時に出ることがあるそうです。

今日から簡単にできる「 秋バテ解消」のための3つの方法!



秋の健康的な過ごし方! 秋バテを吹き飛ばす3つのポイント!

それでは、秋バテを解消するための3つのポイントをご紹介します。今日からできるものばかりですので、是非参考にしてくださいね。

<食事の見直し>
冷たいものは極力控えるようにし、温かいものを飲んだり食べたりして、夏に負担をかけてしまった胃腸をいたわり、働きを整えるようにしましょう。

単に温かい飲み物、食べ物を意識するだけではなく、しょうがやシナモン、ネギ、たまねぎ、など身体を温めてくれる根菜類を積極的にとりたいところです。特に秋は根菜類が美味しい季節!旬のものはその時期のからだが欲する栄養や効能がギュっと詰まっているので、自然とからだを温めてくれる効果が期待できます。

内臓の冷えからきている不調の場合、胃腸が弱ってしまっているので、疲れをとるために、こってりと脂っこいものやスタミナがつくような食べ物を摂ってしまうとかえって逆効果になることも。旬の野菜をふんだんに使った煮込み料理や温かいスープ、鍋など胃腸にやさしく、からだを温めてくれるヘルシーな食事を心がけましょう。

秋の健康的な過ごし方! 秋バテを吹き飛ばす3つのポイント!

<ゆっくり入浴でリラックス!>
寝る2時間くらい前までに38~39℃位の少しぬるめの湯に
ゆっくりつかることで血行をよくしリラックスモードに切り替わります。中でも、炭酸入浴剤はからだを温める効果が期待できますし、さらに好きな香りの入浴剤を使うことでよりリラックスモードになります。入浴は冷えてしまった身体を温めるだけではなく、体力や胃腸機能の回復を助けてくれます。

秋の健康的な過ごし方! 秋バテを吹き飛ばす3つのポイント!

<エアコン対策>
秋に入っても気温の高い日には、まだエアコンが効きすぎているところもあります。オフィスや電車など、空調温度が調整できない所では、カーディガンやひざかけなどを用意し、自分で調整をできるようにしましょう。就寝時は、暑さが和らいでいたらエアコンは使わず、窓を開けたり、首元を冷やして寝るだけでも寝苦しさを解消できます。また、朝日をきちんと浴びることで、夜眠りにつきやすくなるので、早寝早起きをして規則正しい生活を心がけましょう。

いかがでしたか?行楽シーズンでもあり、美味しい物もたくさんある秋。生活習慣、食習慣をほんの少し見直して秋バテを吹き飛ばして、秋をEnjoyしましょう!

 Profile

<執筆>
藤井 瑠美(ふじい るみ)
日本ビューティーフード協会インストラクター・栄養士・フードコーディネーター・フィンガーフードプロフェッショナル・1児の母として子供の才能を開花させる食を提案している。
ブログ:https://ameblo.jp/comfort-food-made-health

<監修>
一般社団日本ビューティーフード協会 代表理事 鈴木梨沙(すずき りさ)
体の内側から整えキレイと幸せを叶える一生継続可能な食事を提案する専門家として、延べ1200名以上の方にセミナー講演会を実施。著書「美女になる簡単ヘルシーダイエットBook」がある。
一般社団日本ビューティーフード協会公式サイト:http://beauty-food-lisa.com/

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ