オーラルケアどうしてる? ヘアメイクに聞いた白い歯の秘密 #東京女子のマイルール

Glitty

2018/10/6 16:30


自分らしく生きていくには、「自分なりのルール」が必要。

めまぐるしく変化する東京で生きる女子たちは、どんなルールを持っているのだろう?

そんな東京女子のリアルにスポットを当てた連載企画。

今回は、 Lisaさん(@tatty511)にオーラルケアのマイルールを教えてもらいました。

Vol.7 Lisaさん(ヘアメイクアップアーティスト)


フリーランスの美容師・ヘアメイクアップアーティストとして活動するLisaさん。

美容師としてサロンに立ちながら、雑誌やファッションブランドのECサイト、ウェディングなど、さまざまなシーンでヘアメイクアップアーティストとしても活躍しています。

今回は、美容のプロでありまぶしい笑顔が印象的なLisaさんに、美しい歯を保つためのオーラルケアを教えてもらいました。

ルール1. 月に1度は歯医者でクリーニング


月に1度、歯医者でクリーニングをしてもらっているというLisaさん。

ホワイトニングの相談をしたときに、「まずはクリーニングをしたほうがいい」と医師から説明を受けたのがきっかけだったそう。

白く健康的な歯を保つためには、自分では磨ききれない歯垢などを落とすことが大切。

クリーニングの施術時は、磨き残しをチェックしてもらい、セルフケアについてもアドバイスをもらえるのだとか。

美しさに磨きをかけるなら、エステやマッサージに行くより、歯のクリーニングがおすすめだと話す彼女。

ホワイトニングを受けるとなるとハードルが高く感じるけれど、クリーニングだったら無理なく続けられそうです。

ルール2. 外出時も抜かりなく。オーラルケアアイテムを持ち歩く


外出時にはマウスウォッシュやブレスケアなどを持ち歩き、食事の後にしっかりケア。
20181003_tatty6
左:ブレスケア(小林製薬)、Boom!(LUSH)

携帯しているオーラルケアアイテムのなかでもお気に入りなのは、「LUSH」の歯磨き用タブレット「Boom!(ブーム)」

使いかたはかんたん。タブレットを口に含んで砕いてからブラッシングするだけ。

歯磨き粉独特の刺激がなく、磨き終えたあとはミントの自然な清涼感でスッキリ! 香りが残りすぎないのもお気に入りのポイントなのだそう。

ルール3. 毎日使うアイテムこそこだわる


歯は日常的なケアが肝心。毎日使うアイテムこそこだわって選びたいものです。

Lisaさんが愛用している歯ブラシは、「EBISU」の「ザ・プレミアムケア」

歯全体に行き届く幅広いヘッドと、キメ細かくやわらかなブラシがポイント。ゴシゴシと磨いても、歯ぐきを傷つける心配がありません。

歯磨き粉は、ホワイトニング効果があるアメリカ発の「Crest (クレスト)」を日常的に使っているとのこと。

ていねいなオーラルケアを習慣にしているLisaさん。日々の積み重ねが彼女のまぶしい笑顔の秘密のようです。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ