中居正広「社交ダンス」の結果に苦悩するキンタロー。を励ます…

ザテレビジョン

2018/10/6 16:35

10月5日に放送された「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(TBS系)で、キンタロー。&ロペスペアが社交ダンス世界大会の前哨戦、ドイツ・ジャーマンオープンに出場。世界大会に向けて大きな課題を突きつけられたキンタロー。ペアに、中居正広は「乗り越えることができない人には試練を与えない」と励ましの言葉を寄せた。

10月に開かれる世界選手権を前に8月に行われたジャーマンオープン。この大会は「ジャーマンオープンを制する者は世界選手権を制す」と呼ばれ、世界選手権の成績の指標になるとという。この大会で決勝戦へ進めば、世界ランキングトップ10入りは確実という勝負の大会だった。

二次予選では36組から6組が決勝へ進めるが、世界ランクの上位を占めるペアに勝たなければならない。キンタロー。とロペスペアの世界ランクはこの時点で14位。同じ日本人で世界ランク7位の名越ペアも顔をそろえる。

1種目目のサンバに向けて、今回ロペスは床に膝をついて回転する「ロペスドリル」という必殺技を盛り込んだ。

そのかいあってサンバは1位と好発進。続くチャチャチャ、ルンバなど続き、二次予選総合結果は、名越ペアと共に10位通過。トップとの得点差はたったの5点。キンタロー。は「ファイナルが見えてきました」とコメント。

最終予選の前に、反則をチェックする審判から注意を受けたキンタロー。ペア。ルンバで踊った大蛇のポーズがルールで禁止されているリフトだと指摘され、次に行った場合は失格になるという。

試合開始20分前に振り付けの変更を余儀なくされたキンタロー。ペア。同じく名越ペアも同じ注意を受けていたが、「厳しいですね、今回」「振り付けのことで呼ばれるっていうことは、それだけ見てもらっているということなので」と意気込みを見せた。

「今回いろんなことがありすぎて」とキンタロー。。台風の影響もありフライトが変更になるなどドイツに到着するまで30時間を要し、当初2日前に入る予定が試合前日の午後になるなど、思うような調整ができなかったことを明かした。

続く最終予選。昨年、キンタロー。ペアはここで敗退していた。試合を終えて、結果を知る前に「怖い」とロペス。キンタロー。と二人で祈るようにして結果を見ると11位で通過。「去年の自分たちは越えた!」とロペス、キンタロー。も「セミファイナルいけました!」と喜び合った。

二人は準決勝へと進んだが、結果は12位。5位に入った名越ペアの30点に比べて10点と及ばず。世界大会の難しさを突き付けられる結果となった。

スタジオではキンタロー。が「残念な結果が…」と悔しさをにじませながらコメント。中居は「一つ言うならば、名越ペアには拍手を送りたい」と語ると、会場からも拍手が送られた。

「何が足りなかったのか」と中居に聞かれるたキンタロー。は、「去年は練習不足なのかなとか思ったんでそこを改善したんですけど、今回はもうたくさん練習もして臨んだんで、どうしたらいいのっていう思いが…」と本音を吐露。

中居は、「でもね、神様はやっぱり乗り越えることができない人には試練を与えないと。だから世界選手権の前に1個試練を与えてるかもしれません」と励ました。

「ありがとうございます。中居さん!」とキンタロー。。ロペスも「響きました」とかみ締めるようにコメントしたが、スタジオからは笑いがこぼれ、「絶対に響いてない(笑)」と中居がツッコミを入れていた。

SNS上では「名越ペアすごい、キンタロー。ペアもがんばった」「まずは名越ペアの功績を讃えた中居君すばらしい」などの声が寄せられた。また名越明子も夫の発言に、「旦那、カッコいい!って思った瞬間でした」とコメントを寄せていた。「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」は毎週金曜夜8時57分から放送。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/164731/

あなたにおすすめ