41歳警部、量販店で万引き→取り押さえた警備員を暴行 身勝手な行動と動機に怒りの声

しらべぇ

2018/10/6 18:00


(gyro/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

神奈川県警の警部(41)が、横浜市内の量販店で万引きしたうえ、取り押さえた警備員を暴行したとして、逮捕されたことが判明。そのありえない行動と身勝手な動機に怒りの声が上がっている。

■万引きのうえ取り押さえた警備員を暴行


事件が発生したのは5日夜。41歳の警部が居酒屋で酒を飲み嘔吐し靴下を汚してしまい、替えの商品を求めて量販店に入ったという。

そこで芳香剤と靴下(1,267円相当)を、あろうことか万引き。何食わぬ顔で外に出ようとしたところで、店の警備員が駆けつけ、呼び止める。

すると警部は腕を振り払ったうえ、警備員の胸ぐらを掴み突き飛ばすなどの暴行を働く。それでも怯まず数人がかりで取り押さえ、駆けつけた警察官に引き渡され御用となった。

■呆れた動機


現職の警部が万引きで逮捕されるというありえない事件。その動機はなんだったのだろうか? 警部は取り調べに対し

「金を使いたくなく、レジを探しているうちに、(万引きしても)ばれないだろうと思った」

と供述している。そして現職警察官でありながら警備員に暴力行為をしたことについては、

「警察官なので万引きで捕まるわけにはいかないと思い抵抗した」

と話しているという。「お金を使いたくない」ので万引きし、「捕まりたくないため警備員を暴行」する行為はあまりにも身勝手で幼稚。警察官にふさわしくない人物と言わざるを得えないだろう。

なお神奈川県は現在のところ警部への処分を発表していない。本来なら即日懲戒免職されても致し方ない事件だと思われるのだが。

■ネット民は怒り


ありえない事件にネット民からは怒りの声が上がっている。








■万引き経験者は40代男性が最も多い


警察官、しかも警部という立場でありながら、万引きをしたうえ警備員に暴行するという暴挙に出た犯人。万引きという犯罪を軽視していたのだろうか?

しらべぇ編集部が以前行った調査では、全国20~60代の男女1,362名のうち犯人の警部と同じ40代男性は25.9%が「置き引き、万引きをしたことがある」と回答。全世代で最も多くなっている。

(©ニュースサイトしらべぇ)

警察官でありながら、万引きを軽視していた可能性も否定しきれない。また、その立場を利用し「もみ消せばいいや」と考えていたのかもしれない。いずれにしても、警察の信用を大きく失墜させる行為だ。

大阪・富田林署の容疑者取り逃がしなど、不祥事続きの警察。国民の信頼を失墜させない意味でも、警部に対し神奈川県民や国民が納得するような処分をするべきだろう。

・合わせて読みたい→富田林逃走犯が山口県で逮捕 「警察より女性警備員のほうが有能」の声が続出する理由

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年11月25日~2016年11月28日
対象:全国20代~60代の男女1,362名(有効回答数)

あなたにおすすめ